【や行】SEO人名辞書編集ページ

  • 柳楽優弥(やぎら・ゆうや)

    1990年、東京生まれ。2004年是枝裕和監督作品『誰も知らない』にて、第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を日本人初、史上最年少で受賞。以降、映画・テレビ・舞台で幅広く活躍。近年は『ピンクとグレー』『ディストラクション・ベイビーズ』(16)、『銀魂』シリーズ(17・18)、『散り椿』(18)、『夜明け』『泣くな赤鬼』『ザ・ファブル』(19)など。7月スタート(予定)のドラマ『二月の勝者』では主演を務める他、NHK国際共同制作 特集ドラマ「太陽の子」(8月15日放送)に主演する。また、主演映画『ターコイズの空の下で』が2020年公開予定、葛飾北斎の青年期・壮年期を演じた『HOKUSAI』は2021年公開予定。30歳を記念したアニバーサリーブック『やぎら本』が9月20日発売。現在予約受付中。

    Instagram:@yuya_yagira.staff

    【2020年6月5日更新】
  • 柳ゆり菜(やなぎ・ゆりな)

    1994年04月19日生まれ、大阪府出身。2013年に芸能界デビュー。翌年、NHK朝ドラ「マッサン」でのポスターモデル役で話題に。18年、ヒロインを演じた『純平、考え直せ』がモントリオール世界映画祭に正式出品される。20年公開の映画『無頼』のヒロインやテレビ東京ドラマ『ゆるキャン』に出演し、映画・ドラマを中心に活躍の幅を広げている。ファイナル写真集『女っぷり』が2021年11月26日に発売。(ご購入はこちら、Amazon限定版カバーはこちらから)

    Instagram:@yurinayanagi__

    【2021年11月24日更新】
  • 山崎ナオコーラ(やまざき・なおこーら)

    1978年、福岡県生まれ。2004年に会社員をしながら書いた『人のセックスを笑うな』でデビュー。近著に『ブスの自信の持ち方』『肉体のジェンダーを笑うな』など。最新作に家事時間をプラスに捉えて楽しい考え事に使う日々を綴ったエッセイ『むしろ、考える家事』。目標は「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」

    【2021年4月28日更新】
  • 山田孝之(やまだ・たかゆき)

    1983年10月20日生まれ、鹿児島県出身。1999年俳優デビュー。2004年TBSドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で主演を務め、第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で主演男優賞を受賞。2005年に映画『電車男』で主演を務め、社会現象に。また、映画『デイアンドナイト』(19)ではプロデュース、ドラマ「聖おにいさん」(NHK)では製作総指揮を務めるほかミュージカルの主演などその活動は多岐にわたる。本作では長編映画初監督を務める。主な出演作に、『クローズZERO』シリーズ(07・09)、『凶悪』(13)、『闇金ウシジマくん』シリーズ(12、14、16)、『映画 山田孝之3D』(17)、『50回目のファーストキス』、『ハード・コア』(18)、『ステップ』、『新解釈・三國志』(20)など多数。出演待機作として『はるヲうるひと』(21)、全世界に配信され人気を博した主演ドラマ「全裸監督」(Netflix)続編が控える。

    【2021年4月8日更新】
  • 山本憲資(やまもと・けんすけ)

    1981年、兵庫県神戸市出身。電通に入社。コンデナスト・ジャパン社に転職しGQ JAPANの編集者として活躍。その後、独立して「サマリー」を設立。スマホ収納サービス「サマリーポケット」が好評。

    【2021年6月18日更新】
  • YOU(ゆう)

    モデル・音楽活動を経て、現在はタレントとしてCMやバラエティ番組に数多く出演。女優としての評価も高く、ドラマ、映画や舞台で活躍中。ファッションブランド「PEELSLOWLY」のディレクションも務める。
  • 「Numero TOKYO 」公式チャンネル

    インターナショナルモード誌『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』のYouTube公式チャンネル。本誌の撮影舞台裏からセレブリティのインタビュー、ファッションやビューティの企画まで、YouTubeでしか見られない“遊び”を効かせたオリジナル動画コンテンツを配信中。チャンネル登録してね!

    YouTube:Numero TOKYO Official Channel
  • YOON(ユン)

    韓国生まれ、アメリカ・シアトル育ち。大学時代からのパートナーであるVERBALとともにブランド 「Ambush®」を2008年にスタート 。2017年にはLVMHプライズのファイナリストとして「Ambush®」が選抜され、世界からも注目を集めている。2019年春夏シーズンより「ディオールオム(Dior Homme)」のジュエリーデザインを担当。

    Instagram:@yoon_ambush

    【2020年8月11日更新】
  • 横浜流星(よこはま・りゅうせい))

    1996年9月16日生まれ、神奈川県出身。2011年、俳優デビュー。19年ドラマ「初めて恋をした日に読む話」で、髪をピンクにした不良高校生・由利匡平で注目を集める。20年はドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」「私たちはどうかしている」、映画『きみの瞳が問いかけている』と続けて主演を務めた。第43回日本アカデミー賞 新人俳優賞、2020年エランドール賞 新人賞を獲得。

    【2021年1月27日更新】
  • YOSHIKI(ヨシキ)

    作詞家、作曲家、「X JAPAN」リーダーとしてピアノ、ドラムを担当。天皇陛下御即位十年記念式典の奉祝曲、愛知万博公式イメージソング、ハリウッド映画のテーマソング、そして世界最高峰の米ゴールデングローブ賞 公式テーマソングなど、これまで手掛けた楽曲は歴史に名を残す名曲ばかり。また、米国“501(C)(3)” 非営利公益法人 Yoshiki Foundation Americaの設立や、外務省が開設した日本文化の発信施設「JAPAN HOUSE」のアドバイザー就任など、多岐に渡りグローバルに活動。自身が立ち上げデザイナーを務める着物ブラン「YOSHIKIMONO」には現在世界中から大きな注目が集まっており、20年には英ヴィクトリア&アルバート博物館や、東京国立博物館に日本を代表する着物として作品が展示、また21年には仏バカラ180周年を記念したデザイナーに抜擢され、パリ・ファッションウィークで作品が公開された。

    Instagram:@yoshikiofficial

    【2021年12月1日更新】
  • 吉本ばなな(よしもと・ばなな)

    作家。1964年、東京生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年『キッチン』で第6回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。著作は30か国以上で翻訳出版されている。近著に『吹上奇譚 第三話 ざしきわらし』(幻冬舎)などがある。noteにて配信中のメルマガ「どくだみちゃんとふしばな」をまとめた文庫本(幻冬舎)も発売中。

    【2021年9月28日更新】
  • 米倉涼子(よねくら・りょうこ)

    1975生まれ、神奈川県出身。モデルとして活躍後、99年女優へ転身。ドラマ『Doctor-X~外科医・大門未知子~』『松本清張黒革の手帖』『交渉人~NEGOTIATOR~』をなど代表作多数。ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』の主演ロキシー役で2012年、17年、19年と三度、ニューヨーク・ブロードウェイ公演に出演。10月からは『Doctor-X~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の最新シリーズが放送されるほか、主演ドラマ『新聞記者』(Netflix)が近日配信予定。2020年フェンディ日本初のジャパンブランドアンバサダーに就任。

    Instagram:@ryoko_yonekura_0801
    公式ファンクラブ「よねさんち」https://yonesanchi.com/

    【2021年8月27日更新】

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する