Rain Kudo / くどうれいん | Numero TOKYO

Rain Kudo / くどうれいん

作家。1994年生まれ。2018年に俳句をタイトルにした食にまつわるエッセイ集 『わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版』を岩手の書店BOOKNERDより出版し、リトルプレスとしては異例の1万部を売り上げ話題に。21年、初の中編小説『氷柱の声』(講談社)で第165回芥川賞候補にノミネートされた。近著に『虎のたましい人魚の涙』(講談社)、絵本『あんまりすてきだったから』(ほるぷ出版)ほか。俳句、短歌は工藤玲音名義で活動し、歌集に『水中で口笛』(左右社)がある。 rainkudo.com

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する