th

アイナ・ジ・エンド(Aina the End)

12月27日生まれ。2015年3月楽器を持たないパンクバンドBiSHのメンバーとして活動を開始。BiSHのほぼ全曲の振り付けを担当。天性のハスキーボイスとエモーショナルなパフォーマンス、表現力が高く評価されMONDO GROSSO、SUGIZO(LUNA SEA)、ジェニーハイなど数々の著名アーティストとコラボし、業界内からも熱い支持を受けている。20年2月には原作の大ファン(爪切男の著書・扶桑社刊)であったドラマ『死にたい夜にかぎって』のエンディングテーマに抜擢され、同名タイトルの書き下ろし楽曲を提供。

twitter:@aina_BiSH

【2020年3月28日更新】

Jean-Michel Othoniel(ジャン=ミシェル・オトニエル)

1964年フランス、サン=テティエンヌ生まれ。可逆的かつ指摘で繊細な素材を好み、90年代にワックスや硫黄を用いて制作をスタートし、92年にドイツ・カッセルにて開催されたアート展ドクメンタに出展。93年、ガラス素材の作品により転機を迎える。以来、ガラス特有の優美かつ色彩の繊細な作品を発表し続け、国内外にて高い評価を得る。2018年10月、芸術アカデミーのメンバーに選ばれる。現在、パリを拠点に制作活動を行う。

【2020年6月23日更新】

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する