Taeko Onuki / 大貫妙子 | Numero TOKYO

Taeko Onuki / 大貫妙子

Taeko Onuki / 大貫妙子

東京都生まれ。1973年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。1976年に『グレイ スカイズ』でソロデビューし、以来、27枚のオリジナルアルバムをリリース。日本のポップ・ミュージックにおける、女性シンガーソングライターの草分けのひとり。映画『Shall we ダンス?』(96年)『東京日和』(98年)のほか、数多くのサウンドトラックも手がける。また、1992〜2000年に発表した10枚のアルバムを、11月より順次レコード盤として再リリース。12月20日には人見記念講堂にて「大貫妙子 Symphonic Concert 2020」を開催。

https://www.universal-music.co.jp/onuki-taeko/

【2020年11月08日更新】

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する