札幌へ! 最新アートを巡る夏──『札幌国際芸術祭2014』 | Numero TOKYO - Part 8
Art / Post

札幌へ! 最新アートを巡る夏
──『札幌国際芸術祭2014』

500mの美術館! 北海道&札幌ゆかりの16組が織りなす “予想外” の衝撃 札幌のシンボル「札幌テレビ塔」ほぼ直下の市営地下鉄「大通駅」と、「バスセンター前駅」をつなぐ地下コンコースに設置された、「札幌大通地下ギャラリー 500m美術館」。 でも、普通に考えて500mという距離を、さらに地域ゆかりのアーティストだけで、飽きの来ない面白展示に仕立て上げるのは至難の業……と思っていたところ、あうッと変な声を出して吃驚した。 ……すみません北海道。ナメてました札幌。 展示名は、500m美術館企画展示『北海道のアーティストが表現する「都市と自然」─「都市の座標軸」─』。 その名のとおり、約100年で形成された札幌の都市空間と、膨大な時間に育まれてきた自然環境を、時間という視点から対置し、新たな物語を見出すべく、札幌&北海道ゆかりのアーティスト計16組による壁面展示で構成。 写真あり、映像あり、立体あり、トリコ仕掛けあり……「都市と自然」のテーマの深層に迫る、めくるめく500mの “アート駅伝” (グリコXXX粒分)。 その果てに、まだ見ぬ風景が広がっている……かもしれない。

Text:Keita Fukasawa

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者/ライター/『Numéro TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numéro TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集・執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集や、編集者9人のインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)など。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する