札幌へ! 最新アートを巡る夏──『札幌国際芸術祭2014』 | Numero TOKYO - Part 12
Art / Post

札幌へ! 最新アートを巡る夏
──『札幌国際芸術祭2014』

アーティストとの交流から盆踊りまで!? 会期中はイベントが目白押し! これまでに紹介してきた各種展示企画だけでなく、「札幌国際芸術祭2014」の期間中には、趣向を凝らしたパフォーマンスやライブ、多種多様なプロジェクトが展開される。 身体表現の新たな可能性に挑むパフォーマンス公演や、さまざまなプロジェクトで構成される参加型企画「アート×ライフ」、福島県出身の大友良英らによる震災復興のためのアート&ライブイベント『フェスティバル FUKUSHIMA!』による盆踊り、札幌での生活の営み自体を “展示” する試み etc.。 事前に告知されているものに加え、9月28日までの閉幕に向けて、続々と新しい企画が立ち上がり、同時多発的に繰り広げられていく。まさに芸術の “祭り” 状態……! また、同時期に横浜で開催される「ヨコハマトリエンナーレ2014」(8月1日〜11月3日/通称 “ヨコトリ”)との相互協力企画も。 「札幌国際芸術祭2014」ゲストディレクターの坂本龍一と、「ヨコハマトリエンナーレ2014」アーティスティック・ディレクターの森村泰昌が2人で密やかに温めてきた交流企画だが、北海道立近代美術館と札幌芸術の森美術館にヨコトリの出展アーティストであるイアン・ウィルソンの作品が “交換出展” される……など、果たしてどんな連携企画が飛び出すのか? 期待して待つべし! 『ヨコハマトリエンナーレ2014』 期間/2014年8月1日(金)〜11月3日(月・祝) 会場/横浜美術館、新港ピア(新港ふ頭展示施設) URL/www.yokohamatriennale.jp

Text:Keita Fukasawa

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者/ライター/『Numéro TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numéro TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集・執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集や、編集者9人のインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)など。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する