札幌へ! 最新アートを巡る夏──『札幌国際芸術祭2014』 | Numero TOKYO - Part 6
Art / Post

札幌へ! 最新アートを巡る夏
──『札幌国際芸術祭2014』

1粒で3度おいしい!?「赤れんが」→ 北3条広場で記念写真を せっかく札幌に来たのだから、芸術祭と同時に観光名所&話題のスポットも押さえたい……! そんな貴殿(あなた)のワガママの先の先まで先回りした、一石二鳥、いや一石三鳥、1粒で3度おいしい展示をご紹介! 札幌を訪れた証拠写真スポットとしてド★定番の “赤れんが” こと「北海道庁赤れんが庁舎」。 1888年に建てられたこの貴重な文化財で開催されるのは、あの『ゴジラ』の映画音楽で知られる偉大な作曲家、伊福部 昭(釧路市出身)と、北海道の近代風景を撮影し続けた写真家の掛川源一郎(室蘭市出身)の展覧会。 ともにアイヌの人々にまなざしを注いだ2人の偉大な足跡を、由緒ある建築とともに味わいたい。 その “赤れんが” の正面、今年7月にオープンしたばかりの「北3条広場」に設置されたのが、島袋道浩の作品『一石を投じる』。 先住民族であるアイヌの人々に縁が深い場所、北海道平取町の二風谷で切り出された巨大石を、近代都市・札幌の中心に “投じた” 作品。 阪神淡路大震災で半壊した家に看板を掲げた『人間性回復のチャンス』など、見る者に問いを投げかける作品で知られる彼。その “一石” とともに写真を撮り、見返すたび心に波紋がよぎるという、“アートな記念写真” はどうでしょう……?

Text:Keita Fukasawa

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者/ライター/『Numéro TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numéro TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集・執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集や、編集者9人のインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)など。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する