Beauty / Post

田丸麻紀、美しさの理由「子どもの記憶にいい香りを」Hiroko.Kのビューティノート vol.2

beauty note by hiroko.k
beauty note by hiroko.k
ボタニカルコスメブランド「Hiroko.K」をはじめ、ホテルやレストランの空間フレグランスのプロデューサーとして活躍するアーティスト、近藤 Hiroko がナビゲーターとなりマンスリーでお届けする連載。先月に引き続き、ゲストは公私ともにHirokoさんと交友がある女優・田丸麻紀。女性が美しくリラックスして過ごすためのティップ、後編をお届け。<田丸麻紀のモードな一面&自宅の香りをご紹介!
精油の力で殺菌
H「麻紀ちゃんは、本当に香りといい付き合い方をしてるわね」
M「これから先、自分がどんな香りを選んでいくのか楽しみでもあるんです。それに、香りのことを聞かれるのって嬉しい! 男性のお友だちが女性に贈るギフトで迷っているとき、Hiroko.kのオイルがいいよって言ってるんです。男の人からさらっと香りの提案をされたら『やられた!』って思いますよね。本当におすすめ」
H「特にオーガニックを選んでほしいな。香りの成分自体、本来浄化作用があるのよ。昔、オーデコロンは除染や殺菌の目的でも使用されていたぐらい。第二次世界大戦以降、化学品が増えてすっかり少なくなってしまったけど、オーガニックのオイルとかアルコールとか、上質なものを選んでほしい」
M「そうなんですね」
H「戦後、女性にとって良くなった製品はストッキングぐらいね(笑)。昔と違って今はナイロン製のいいストッキングがあるけど、お化粧品、特に香りの成分は化学製品に侵され続けてきた。だから今、わたしは香りの本当の成分を蘇らせているの。頭の中がモヤモヤしている時などは、純粋な香りをかぐことで瞬時になくなるのよ」
M「確かに、香りをかいだ瞬間に気持ちが切り替えられたりするときがあります」
H「本当に質がいいものは、香りはもちろんだけど、精油の力で殺菌できる。そうやって肌を浄化しながら、栄養も与えることもすごく大事なの。それができるクオリティのものが本物」
【『パフュームスパ』の至極】

Profile

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する