117
Beauty Post

田丸麻紀、美しさの理由「子どもの記憶にいい香りを」Hiroko.Kのビューティノート vol.2

BEAUTY NOTE Hiroko.K & Maki Tamaru
beauty note by hiroko.k
ボタニカルコスメブランド「Hiroko.K」をはじめ、ホテルやレストランの空間フレグランスのプロデューサーとして活躍するアーティスト、近藤 Hiroko がナビゲーターとなりマンスリーでお届けする連載。先月に引き続き、ゲストは公私ともにHirokoさんと交友がある女優・田丸麻紀。女性が美しくリラックスして過ごすためのティップ、後編をお届け。<田丸麻紀のモードな一面&自宅の香りをご紹介!
四季折々の香りに包まれて
──お二人は普段、どのような香りを身につけていますか?
田丸麻紀(以下M)「四季がある日本で生活していると、夏は柑橘系、冬はローズ系と、季節によっても選ぶ香りも変化しますね」
近藤 Hiroko(以下H)「そうね。しかも同じローズの中でも、みずみずしいもの、満開のもの、フレッシュなものなど、その種類もたくさんあって、欲するものは微妙に変化するから」
M 「一日で見ても、たとえば朝イチでお香っぽいフレグランスは重いけど、夜ならいいな、とか思ったり。エッセンシャルオイルを入れたお風呂に入って眠りにつく前、間接照明だけにして、和っぽい漢方薬のようなお香の匂いもセクシーでいいなとか。朝昼晩と日常の場面で使い分けています。今の気分は、さっぱりしたネロリかな」
H「うちのバスオイルにも『アウェイクニング』と『カーミング』という種類があるように、朝と夜とで身体が欲する香りは変わるから」
【朝の香り、夜の香り】
next

Recomended Post