Beauty / Post

田丸麻紀、美しさの理由「子どもの記憶にいい香りを」Hiroko.Kのビューティノート vol.2

beauty note by hiroko.k
beauty note by hiroko.k
ボタニカルコスメブランド「Hiroko.K」をはじめ、ホテルやレストランの空間フレグランスのプロデューサーとして活躍するアーティスト、近藤 Hiroko がナビゲーターとなりマンスリーでお届けする連載。先月に引き続き、ゲストは公私ともにHirokoさんと交友がある女優・田丸麻紀。女性が美しくリラックスして過ごすためのティップ、後編をお届け。
子どもの記憶に母の香りを…
──日常で香りを楽しむためのコツはありますか?
H「手に染み込ませるのはどう? 私ね、たくさん人に会ったり、人混みに行く時は手にオイルをふりかけておくの。そうすることで普段から自分をプロテクトする。肌に乗せることで、いわゆるシールドを張る。そうしておけば、握手したときとか、相手の方にも気持ちよく感じていただけるし」
M「普段一緒にいる主人や友人、仕事関係の方もそうですけど、まわりにいるすべての人の記憶の中にいる自分がいい香りとともにありたいですね。でも特に想うのが、子どものこと。小さい頃はそんな意識はないのかもしれないけど『お母さんていい匂い人』『あの時はこんな香りがしたな』って、少しでも爪痕を残せたら、大きくなった時とかに思い出してくれるかなって」
H「いいわね。常に吸気するものだから意識にすっと入り込ませながら、邪魔をさせちゃダメっていうのも難しいところ」
M「香りの選び方とか付け方のセンスや好みもあるんですしょうけど、ちょっと主張が強い人もいますもんね」
H「相手にも自分にも何も意識させないのがいい香り。そして、それこそ自分の欲している香りなの。パートナーとも無意識にいられる。近くに寄ってはじめて『貴方の香りですね』って、わかるくらいがいいのよ」
M「子どもにはいつもお母さんの匂いっていいなって思われていたいからなのか、今後、歳を重ねるごとに香水を変えていこうとも思っています」
【精油の力で殺菌】

Profile

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する