Ms.COINTREAU / Post

飯島望未、日本から旅立ちスイスへ
チューリッヒ・バレエ団での新たなる挑戦

夢を追い求める女性をサポートする「コアントロー・クリエイティブ・クルー」として、「コアントロー」が支援する日本人女性クリエイターのひとり、バレエダンサーの飯島望未が活動の場を日本からスイスへ。チューリッヒ・バレエ団での活動と生活を追った。

──スイスでもお気に入りの場所はできましたか?

チューリッヒにもコーヒーショップが続々とオープンしていて、どこも可愛いんです。私がチューリッヒに来た頃に出来た「Taylors Coffee」というお店は、カップにテーラージャケットを着た男の人のイラストが書いてあって、店内のデザインも素敵です。そのほかにも「Acid」「Kornsilo」「Milchbar」など、内装も素敵なお店がチューリッヒには色々あるのでコーヒーショップ巡りが楽しみ担っています。

Acid

Kornsilo

Milchbar

nozomi iijima
nozomi iijima

──海外での生活を満喫できているようですが、日本にいた頃との一番の違いは何でしょう。

海外での活動の方が、しっくりきます。日本でフリーのダンサーをやっていたときは自分の居場所がなかなか定まらず、いつもアウトサイダーな気分でいたけど、所属するということの安心感はもちろん、海外にいるという事実になぜかホッとさせられます。『ここにいるべきだな』としっくりくるというか、居心地がいいです。多分、国籍や年齢関係なく挑戦できるからかなと。

Nozomi Iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿

──チューリッヒ・バレエ団とは、まずは一年の契約だそうですね。

正直いうとチューリッヒ・バレエ団が100%自分に合っているとは思えていませんが(笑)。そこには、自分の“色”とは違う部分があるからこそ、学ぶことがいっぱいあるというポジティブな意味も内包されています。ダンサーたちのクオリティも志も高くて作品もいいものばかり。スイスへ来たことへの後悔は全くありませんが、1年が経った時にどこへ進むかは自分でもまだ分かりません。この先は、6月頭に帰国して横浜のバレエフェスティバルに参加します。次のステップを考えるのは、それが終わってからですね。

──2017年も挑戦は続くのですね。

2016年は激動で、やること全てが未知の世界でした。フリーランスだと舞台に出る数を増やすのが難しいということを知った年でもありました。それで落ち込んだりもしたし、無計画すぎてダメだなって思うこともありますけど、後悔しない性格が自分の強みでもあります。色々とやりたいことがありすぎて散漫になるけれど、2017年はひとつずつ着実に舞台をこなしながら、機会の分だけ演出や舞台セットを見て吸収していきたいです。

Ms.COINTREAU

世界で話題のチャリティプロジェクト「#1orange1tree」が日本に上陸!

バー「カミーノ」の村本恭一が紹介する「コアントロー」の2つの異なる表情

バー「リゴレット」の赤池正也が提案する3つの「コアントロー」オリジナルカクテル

若き6代目アルフレッドが情熱を注ぐ「コアントロー」の魅力とは?

レッドブルのお手本?!奇抜なアイデアから生まれた「ブランディング」とは?

Photos:Nozomi Iijima
Interview:Yukiko Shinmura

Profile

飯島望未(Nozomi Iijima)バレエダンサー。大阪出身。6歳からバレエを始める。13歳で『ユース・アメリカ・グランプリ』3位に入賞し、奨学金を獲得。07年15歳で単身渡米する。ヒューストン・バレエ団の研修生になり、翌年同バレエ団とプロ契約を結ぶ。13年米ダンスマガジンにおいて「25人のいま観るべきダンサー」に選出。14年ソリストに昇格し、『白鳥の湖』や『くるみ割り人形』などのクラシックバレエの作品だけでなく、ウィリアム・フォーサイス振り付けの『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレベイテッド』などのコンテンポラリー作品でも高い評価を得る。15年同バレエ団を退団。帰国後は、日本を中心に精力的に活躍。16年8月からはスイスのチューリッヒ・バレエ団への所属が決定している。

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する