Ms.COINTREAU / Post

飯島望未、日本から旅立ちスイスへ
チューリッヒ・バレエ団での新たなる挑戦

夢を追い求める女性をサポートする「コアントロー・クリエイティブ・クルー」として、「コアントロー」が支援する日本人女性クリエイターのひとり、バレエダンサーの飯島望未が活動の場を日本からスイスへ。チューリッヒ・バレエ団での活動と生活を追った。

nozomi iijima
nozomi iijima

──衣装といえば、各国のバレエ界で流行している「グラデーションのチュチュ」ブームの火付け役は、飯島さんだとか!

そうなんですよ。練習用のチュチュをグラデーションに染めようなんて思う人が、私以外にいなかったというだけなのですが(笑)。最初は私の周りの子たちに広まって、いつの間にか世界で目にするようになりましたね。

──どんなきっかけで?

練習用のチュチュにお金や気持ちを入れる人ってたぶんほとんどいないから、みんな白、黒、ピンクなど単色なんですけど、それがつまらないって思って。小さい頃からお世話になっている衣装屋さんに「練習用のチュチュを染めてほしい」ってお願いしたのですが「今までやったことがないから、練習用のチュチュは作れません」って、そこでは断られました。それでも諦められず、今から3年前、ヒューストン時代に別の衣装屋さん「Nui kobo」さんにダメもとで聞いてみたら「チャレンジしましょうか」と言ってくれて。その方と、グラデーションが綺麗に見えるチュールの硬さを調整しながら、世界で一番美しい練習用のチュチュを完成させました。

nozomi iijima
nozomi iijima

──最初に完成した練習用チュチュは何色?

サーモンピンクと、ライトイエローの2つです。その次にゴールドラメのグラデーションを作りました。やっていくと薄い色は簡単だけど濃い色やラメは大変だって分かってきたりして。黒やロイヤルブルーは時間がかかるみたいですよ。この2年くらいで世界的にもすごく浸透してきていて、グラデーションの濃淡を逆に注文する人がいたり、いろんなアイデアが出てきていて私も楽しいです。見た目重視ですみません(笑)。でも、こういうものをモチベーションにするのも大切かなって。それに、練習中のバレリーナを撮るカメラマンが増えたきっかけにもなったと思うんです。チュチュやレオタードがカラフルでスタイリングされていたら絵にもなります。

nozomi iijima
nozomi iijima

ドイツで見つけたお気に入りの場所

Ms.COINTREAU

Photos:Nozomi Iijima
Interview:Yukiko Shinmura

Profile

飯島望未(Nozomi Iijima)バレエダンサー。大阪出身。6歳からバレエを始める。13歳で『ユース・アメリカ・グランプリ』3位に入賞し、奨学金を獲得。07年15歳で単身渡米する。ヒューストン・バレエ団の研修生になり、翌年同バレエ団とプロ契約を結ぶ。13年米ダンスマガジンにおいて「25人のいま観るべきダンサー」に選出。14年ソリストに昇格し、『白鳥の湖』や『くるみ割り人形』などのクラシックバレエの作品だけでなく、ウィリアム・フォーサイス振り付けの『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレベイテッド』などのコンテンポラリー作品でも高い評価を得る。15年同バレエ団を退団。帰国後は、日本を中心に精力的に活躍。16年8月からはスイスのチューリッヒ・バレエ団への所属が決定している。

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する