30
Ms.COINTREAU Post
リゴレットの「コアントロー」オリジナルカクテル

 

丸ノ内にあるスパニッシュ・イタリアンバー「リゴレット(Rigoletto)」で楽しむ「コアントロー(COINTREAU)」のオリジナルカクテルをご紹介。

Photos:Yuji Namba
Text:Miho Matsuda

ナイトアウトの定番スポット、新丸ビルの「リゴレット ワイン アンド バー」。テラスから一望できる東京駅丸の内駅舎を眺めながら、プレミアムオレンジリキュール「コアントロー」を使ったオリジナルカクテルと、スパニッシュ・イタリアンとのマリアージュが楽しめる。

02

訪れたらぜひ最初に試したいのが、「アンジェブリーズ」(写真右奥)。フルーティな「コアントロー ブラッドオレンジ」とトニックのカクテルは、コアントロー創業の地、フランス・アンジェの街のそよ風を思わせる爽やかさ。それに合わせるのは、パラペーニョのドレッシングがアクセントの「水タコとセロリのセビーチェ」(写真右手前)。この2つのマリアージュで、昼間の喧騒をリセットして、楽しいナイトライフがスタートする。

アンジェブリーズ ¥500
水タコとセロリのセビーチェ ¥500

次にトライしたいのは、色鮮やかな「ルイーザポリタン」(写真左手前)。ルイーザとは、コアントローを完成させたエドゥアール・コアントローのファーストレディ。社会貢献やアーティストのサポートなど、アクティブな女性だったという彼女をモチーフにしたこのカクテルは、仕事も遊びも手を抜かない都会の女性にぴったり。フレッシュストロベリーと「コアントロー ブラッドオレンジ」がフルーティな一杯には、ヨーグルトとハーブのドレッシングで食べる「旬野菜とフェタチーズのサラダ」(写真左奥)を。ヘルスコンシャスな人にも、おすすめしたい組み合わせ。

ルイーザポリタン ¥900
旬野菜とフェタチーズのサラダ ¥900

デザートには、芳醇な香りの「アルフレッド」(写真右)。コアントロー家の6代目アルフレッド・コアントローからインスパイアされたカクテルには、フィーヌ・シャンパーニュ・コニャック「レミーマルタン」と「コアントロー」が出会った「コアントロー ノワール」を使用。さらに全卵と牛乳、きび砂糖シロップなどが加わり、まろやかなスイーツのよう。一緒にいただくのは「ティラミス・シフォン」(写真左)。エスプレッソの香りのシフォンと、マスカルポーネのエスプーマが軽やかな一品。

アルフレッド ¥800
ティラミス・シフォン ¥550

仕事帰りの待ち合わせ、女子会やデートなど深夜28:00(日・祝は22:30L.O.)までたっぷり遊べる「リゴレット ワイン アンド バー」。瑞々しい「コアントロー ブラッドオレンジ」と芳醇な「コアントロー ノワール」の、個性を生かしたオリジナルカクテルで楽しいナイトライフを。

葡萄を原料として、長期間熟成させたコニャックとマリアージュさせただけでなく、クルミやアーモンドをアクセントに使用した「コアントロー ノワール」(写真左)と、フレッシュな香りとオレンジの爽やかさ、そしてリッチなアロマを兼ね備えた「コアントロー ブラッドオレンジ」(写真右)。

リゴレット ワイン アンド バー
住所/東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル7F丸の内ハウス
アクセス/JR東京駅丸の内中央口から徒歩1分
TEL/03-6270-0520
URL/www.rigoletto.jp/marunouchi

Ms.COINTREAU

若き6代目アルフレッドが情熱を注ぐ「コアントロー」の魅力とは?

クリエイティブな女性を応援するルイーザ・コアントローが残したものとは?

レッドブルのお手本?!奇抜なアイデアから生まれた「ブランディング」とは?

世界中の「コアントロー」はたった一つの場所で作られる! 美しすぎる蒸留所の秘密

1875年、フランスで誕生したリキュール「コアントロー(COINTREAU)」。ビター&スイートオレンジの果皮を使用した、世界で最も有名なホワイト・キュラソー。“女性のためのリキュール”という創業当時からの信念に基づき、夢を追いかける女性を支援するプロジェクト「コアントロー・クリエイティブ・クルー」を世界的に実施中。日本でも4人の女性をフィーチャーする企画「Ms.COINTREAU」がスタート。

  

www.cointreau.com

COINTREAU Offcial facebook

Recomended Post