CYBERPUNK2077 | Yuki Kawamura
Yuki Kawamura

CYBERPUNK2077

130988092_10158877066605330_9080863743107713585_n

キアヌ・リーブスでも話題のSFオープンワールドゲーム「CYBERPUNK2077」(CD PROJEKT RED)にて、ナイトシティで人気の三人組アイドルグループ「US CRACKS」の楽曲を、カワムラユキが3曲プロデュースさせて頂きました。

18日には芸術家アイドルユニットのナマコプリが歌う「PonPon Shit」も収録のサウンドトラックが、Apple Musicなどで配信リリースになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

131003341_10158877066645330_45864852748011061_n

今作はトラックや演奏にkaito sakuma a.k.a BATICとAMERICAN DREAM EXPRESSことアメドリの皆さん、ichi takiguchiさん、コーラスに多賀みなみ、プリプロにSakiko Osawa、MixはHideo Kobayashiさんにご協力頂きました。

131005836_10158877066685330_2123393671667768448_n

Yuki Kawamura produced 3 songs for the popular Night City idol group “US CRACKS” who appears in an open-world, action-adventure role-playing video game “CYBERPUNK 2077″ by CD PROJEKT RED. On December 18th, all the soundtrack, which also includes “Pon Pon Shit,” sang by Namakopri, will be available on Apple Music and other platforms.
Please check it out.

Profile

venus kawamura yuki
TOKYO
DJ, lyricist, OIRAN MUSIC producer

渋谷を拠点に活動中のDJ&プロデューサー。98年よりフリーランスのプロデューサーとして、ヨーロッパのダンス・ミュージックのプロモートや、企業のプロモーション企画、イベント制作を担当。2000年から、DJ及びライターとしての活動をスタートする。2003年頃より「Love Parade Mexico」IBIZA島「amnesia」パリ「Batofar」にDJ出演。その後は、ファッション・ショーの音楽演出や「inner Resort」コンピレーションCDシリーズの監修など、バレアリックやチルアウトを軸に独自の選曲感を展開。近年は作詞家として、「バクマン。」「NARUTO」などのアニメ主題歌や、Sam Smithのグラミー賞受賞曲「ステイ・ウィズ・ミー」日本語詞など多くの作品を手掛ける。2014年にはミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」を設立。Sakiko Osawaやナマコプリなど、新たな才能を輩出する。現在は音楽エッセイ連載「渋谷で君を待つ間に」をスタート。毎週第一月曜16時〜渋谷のラジオ「道玄坂爆音部」、毎週金曜20時〜block.fm「shibuya OIRAN warm up radio」にて、選曲とナビゲーターを担当中。

Backnumber

Recommended Post