Google Tag Manager (noscript) -->
jason lee coates

Fashion Central: Elle Bangkok Fashion Week Day 1

東京でSS16の展示会の真っ只中、タイはバンコクへファッションウィークに行ってきたよ。いつもはパリのファッションウィークの前は予定が合わず行けずじまい。ご存知の通り、僕たちH3Oには数々の素敵なタイブランドを取り扱っているから、行かなくてももうすでに全てを知っている気だったんだ。それが大間違い。今後ももっとタイのファッションウィークに参加したほうが良いって思わせてくれる旅になったからここに記すとしよう。まずは木曜の朝にタイに着いて、6時間後に行われた最初のショーのことを書こうと思う。

 

It was not on my regular agenda to go to Bangkok to attend their fashion week right in the middle of my Japan sales period and sandwiched just before Paris. With my showroom H3O already representing a number of prominent and rather fabulous Thai brands, I felt as though I already have enough on my plate and that I am already aware of everything going on in the Bangkok Fashion Scene. Wrong! In fact, the more I thought about it, the more relevant it seemed that I should attend. So I zipped off early last Thursday morning and was there to attend the first show of the day 6 hours later.

 

Myself, eyewear designer Moo, Sonja from Alter store in Shanghai, and Him

 

タイのデザイナーってとても真面目にショーに取り組んでいる。ショー会場も大きくてセンターにあって、ショーの洋服、スタイリング、ヘア、メイクどれも世界に通用するレベル。実際、今までNYや東京で見たショーより良いショーもあったしね。完璧主義でこれらのプレゼンテーションに取り組んでいて、だから見せるためのエンターテインメントにしていて、ファッションだけど、エンターテインメントであり、派手なショーであり、ファッションとは何なのかを気づかせてくれたよ。夢を売っているんだってことにね。

 

For the record, Thai designers take their shows very seriously. The production of the large tent outside Central World, as well as the show production, styling, and hair and makeup is on a world level. In fact, many of the shows I watched were better produced than most I have seen in New York or Tokyo – there’s a care there and a perfectionist streak to these presentations that make them entertaining to watch. This is fashion as entertainment and extravaganza, and it reminded me of what fashion is all about: selling a dream.

 

最初にアテンドしたブランドは”Fly Now III”。 キャンディーカラーが弾けた甘いSF映画のバーバレラみたいで、でっかいスペースキャタピラーみたいで、Duneっていう映画に出てきた何かがステージの中央で動いているみたいだったよ。悪趣味に思ったかって?とっても楽しむことができたショーだったよ!!

 

This can be witnessed at the opening show for Fly Now III, a candy colored romp through a saccharine scifi Barbarella-scape, complete with a moving sculpture of a giant space caterpillar that reminded me of something from Dune writhing in the centre of the stage. Was it off-putting? Not in the least. The crowd lapped it up.

  

 

色使いに惹きつけられた今回のショー。パステルメタリックが厚めのテキスタイルをマットなジャージシーリーズ。マッシュアップのマンガプリントにスカルプチュアルなフォームはとっても着やすいReady to wearに。ライラックの蜂の巣風ワイドパンツはモダンでありながらとっても着やすい仕様で目立ってたね。ライトブルーのテクスチャージャージのロングスリーブドレス、80年代を思わせるポップアートなスパンコールはきっとRoy Lichtensteinのお気に入りになっていただろうアイテム。どのルックを取っても素晴らしい出来だった。

 

What pulled this show together were the colors – pastel metallics offset with thick textured matte jerseys – as well as the mash-up Manga prints and sculptural forms made easy to wear. A pair of lilac honeycomb wide leg pants stood out as being both modern and wearable, as did the light blue textured jersey dress with long sleeves and 80s Pop Art sequin patches that would have made Roy Lichtenstein proud. Bam! Wow!

 

 

可愛いの一言では説明がつかない今回のコレクション、とってもカラフルでそれでいて取り入れやすい、今回のコレクションはまさに僕が思うアジアンサイバーガールズ。インスタグラムのハッシュタグにもありそうな”Talk To Me Bitch”のフレーズが施されていたりと、若い女の子たちがただファッションを楽しむために用意されたようなコレクションに仕上がっているよ。

 

To say that the clothes were cute is an understatement – they were wildly colorful, super relevant and exactly what I think young Cybercentric Asian girls want to wear. It’s instantly recognizable as being Instagram-friendly. Covered in vibrant patches with phrases like “Talk To Me Bitch”, these are clothes not for followers, but for a young girl who just wants to have fun, and have everyone watch her do it.

 

  

 

マルチパッチメッシュのドレスが最後のフィナーレを独り占めに。モダンなジャケットドレスはメタリックなツイードが仕様されていて、それはまるでヴィンテージのDiorを彷彿させるかのよう。写真だけでこんなにカラーが伝わることもそうそうないと思わない?笑

 

A multi-patch mesh dress with a trail of sequin patches in the finale stole the show, while a modern jacket dress in a metallic tweed with Vintage Dior-style protruding hips uploaded the hip factor, and perhaps referenced most clearly the workmanship of the sister brand Fly Now, which has been doing elegant and elaborate tailoring for the last 20 years.

 

今後の活動からも目が離せない今注目のブランド、Fly Now IIIはタイのファッションウィークにきて良かったと思わせてくれたファーストブランド。今タイって本当にキテると思うんだ。

 

Affordable, youthful, highly relevant and eye catching, Fly Now III was an appropriate start to a fashion capital obsessed with social media and youth. #jobwelldone

Profile

jason lee coates
TOKYO
director H3O fashion bureau, creative director iheartokyo.com

東京ベースのスタイリスト(AVGVST所属)、エディター、H3O Fashion Bureauのディレクター。日本在住9年目、オーストラリア出身。ファッションに対するアプローチは、世界に存在するユニークなファッションブランドを日本に広めて行く事。あらゆる角度からインスピレーションを得、スタイリストとして新鮮なエディトリアルを作って行く事も目標。大のシューズファン。

TOKYO クリエイティブディレクター director H3O fashion bureau creative director iheartokyo.com

Backnumber

Recommended Post