Culture / Post

「二人が写真をはじめたルーツとは?」写真家・操上和美×永瀬正敏 スペシャル対談 vol.1

操上和美 作品集
操上和美 作品集
操上和美(くりがみ・かずみ)
操上和美(くりがみ・かずみ)

操上和美(くりがみ・かずみ)
1936年北海道生まれ。 1961年東京綜合写真専門学校卒業。1965年よりフリーランス。写真家の活動にフィルムワークを取り入れ、新たな領域を創りあげて、後塵に道をひらいた先駆者。日本の広告史に残るすぐれたCMやスチールを数々制作しつづけ、常に最前線を駆け抜けている。被写体の本質にせまる鋭いアプローチが可能にする独自の美意識に貫かれたアートワークは、時代を超えて多くのファンを魅了している。2012年9月29日〜12月2日には、東京都写真美術館で個展「時のポートレイト ノスタルジックな存在になりかけた時間」も開催した。

Photo:IMPOSSIBLE Styling:Yasuhiro Watanabe(FEMME) Interview: Hisako Motoo Edit:Maki Saito Text:Yukiko Ito

▶ 最初のページへ
▶ 操上和美、永瀬正敏が写真をはじめたルーツとは?/vol.1を読む
▶ フィルムに惹かれるのには理由がある/vol.2を読む

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する