Astrology / Feature

猫星ラピスが占う、2021年下半期の運勢

「風の時代」の幕開けに期待を膨らませてスタートした2021年もいよいよ後半戦。もっと自由に、もっと自分らしく生きたい。そんなあなたに寄り添って背中を押してくれる天体からのメッセージと今後の運勢を、西洋占星術家・猫星ラピスが12星座別にお届け。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2021年7・8月合併号より抜粋)

2021年後半の天体が示す、新しい時代の行方

世界のめまぐるしい変化と命の不安に揺さぶられ続けている2021年。2020年に全世界に拡大していった新型コロナウイルス感染症の影響で、政治、経済、医療がそれ以前のように機能しなくなり、現在に至るまで混乱を解決するためのさまざまなルールとデリカシーが見直されています。この混乱には、占星術的な予兆がありました。正確に言い当てた占い師を探すのは難しいものの、人類の大転換期が到来することは予測されていたのです。さかのぼること2019年12月3日には735年ぶりに木星・土星・冥王星が山羊座で会合し、その5日後に中国の武漢で新型コロナの集団感染が発生しています。2020年には山羊座に集まった天体が複数天体と何度も緊張の配置を取り、危険な状況を暗示していました。(中略)

2020年12月20日には、土星と木星が水瓶座で重なる「グレート・コンジャンクション」が起こり、いわゆる「風の時代」がスタートしました。過去200年以上続いた「地の時代」が終わり、お金と引き換えに苦痛に満ちた労働を強いられるといった旧いシステムが少しずつ崩壊しています。人はもっと楽しく軽やかに生きられるのではないか、生まれながらに豊かに生きる権利があるのではないか…世界中の人々が同じことを考えています。
 
この大きな変化にもう一つ関与しているのが、2019年3月から本格的に牡牛座を進行している天王星です。変容と革命の天体・天王星が、最も変化を嫌う牡牛座にいるため、過去90年以上変わらなかったさまざまなことが、雪崩を打ったように覆されて、働き方はテレワークが推奨され、電子マネーが普及し、男女平等やLGBTQへの差別禁止に向けた制度も議論が高まっています。お金やジェンダーに関することは、牡牛座の担当です。天王星は2025年7月まで牡牛座に滞在し、新しい生活様式と新しい価値観への検証が続いていくのです。

弱者を大切にする社会へ

2021年6月21日の夏至のチャートには不安なアスペクトが見られます。蠍座の月・水瓶座の土星・牡牛座の天王星・獅子座の火星がグランドクロスという凶座相をつくり、庶民を表す月が第2ハウスというお金と所有のハウスにあるため、国民にプレッシャーが及ぶ出来事が起こりかねない状態です。健康を表す第6ハウスには海王星という幻想と虚妄の星が入り、ワクチン接種の普及についても不透明な状況が予想されます。

2021年の5月中旬から7月下旬にかけては、幸運星・木星が一時的に魚座に入るのも特徴的です。本格的に魚座に入るのは12/30ですが、2022年に顕著になるテーマが、先取りされて現れる時期がこの初夏〜盛夏になります。人々の意識は弱者に対して手厚くなり、世界中が「つながる」感覚があるでしょう。7/29に木星が水瓶座に戻ると、「つながりすぎることの危険性」が分析されるかもしれません。米国の移民問題なども大いに注目される予感。(続きは誌面で)

(全文および天体の年表は『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2021年7・8月合併号にて)

2021年下半期、あなたの運勢は?

本誌掲載中の12星座別占いより、覚えておきたい時期のことや“天体ちゃん”からのメッセージまで、ほんの一部を抜粋してご紹介。(天体ちゃんのキャラクター解説はこちらの連載をチェック!)

牡羊座(おひつじざ)
3/21〜4/19生まれ

過去からの流れとは別の、新しい未来が見えてくる
「本当の自分らしさとは何だろう」ということを、あらためて考える季節です。対人関係も含め、鎧を着込んで「戦おう」とするのは、もうおしまいにしましょう。今まで不要な戦いが多かったのは、あなたが本当の自分とつながっていなかったからかも。既にある「誰かのポジション」を狙うのではなく、自分で自分の肩書と居場所をつくるのです。必ずしも現在の職場を去るという意味ではなく、現状のままでもスタンスを変えることは可能です。10/20の牡羊座満月には過去との決着がついていくでしょう。
牡羊座のあなたへ、火星くんからのメッセージ
「不死身の戦士にも、休息は必要なのさ。平和のために戦う役目を担っているのなら、365日武器を持つのは野暮というもの。続くのは自分との戦いだね」

牡羊座の占い一覧はこちら

牡牛座(おうしざ)
4/20〜5/20生まれ

闇や恐怖心を捨てて、まぶしい未来にたどり着く
地の時代から風の時代となり、牡牛座はさまざまなものを捨てて身軽になっていかなければならなりません。先祖代々の土地に縛られている人ならそこから離れるには勇気がいるし、遺産に守られて暮らしている人もまたしかりです。それでも未来を生きていくために「土の縁」を断ち切っていくことは可能です。お金のために無理な忍耐を続けたり、大切な個性を封印したりするのはおしまい。小さな気晴らしでごまかしてきた人はそれをやめ、根っこから変えていく時期です。あなたは本当の自分に帰るのです。
牡牛座のあなたへ、金星ちゃんからのメッセージ
「いろいろなことを変えてみよう。水が濁ってきたら取りかえよう。空気が淀んできたら窓を開けよう。心もオープンにして、お部屋の中は花のいい香りでいっぱい」

牡牛座の占い一覧はこちら

双子座(ふたござ)
5/21〜6/20生まれ

シリアスになりすぎず、持てる力を出し切って輝く
 2021年後半は、今まで外に出していなかった自分の魅力を200%世の中にアピールしていく季節になります。皆があなたの意見を聞きたいと思い、集まってきて、ちょっとしたスター状態です。 社会生活がかなり賑やかなので、プライベートを楽しむ感覚はいつもより少なくなるかも。仕事をこなすなかで、遊びの感覚を持つことができるあなたですから、無理にレジャーを計画立てる必要はありません。新しく友達になる人々は、革新的でかなり面白いヴィジョンを持っている人たちのようです。
双子座のあなたへ、水星坊やからのメッセージ
「いろいろな考えでいっぱいになりすぎだね。言葉、言葉、言葉…それはキミの武器でもあるから。言葉を手放して魂の声に従ってみたとき、新しいことが起こるよ」

双子座の占い一覧はこちら

蟹座(かにざ)
6/21〜7/22生まれ

計画に縛られず、インスピレーションで進む
2020年に続き、2021年前半もパワフルな活動を続けてきた蟹座。2021年下半期の蟹座は、引き続き活発な活動を続けていくことが暗示されています。人望が高まり、後輩や初心者への指導で忙しくなりますが、労働のハウスの海王星とはタイトな関係にあるため、仕事のヴィジョンは夢見がちになりやすいです。仕事面でも愛情面でも「計画の立てすぎ」はかえってうまくいかないかもしれません。慢性的な疲れが出やすいのは10月。健康面でのケアをきちんと行い、12/30から始まる1年間の大幸運期に備えて。
蟹座のあなたへ、冥王星じいやからのメッセージ
「じいやから、どうしても気づいて欲しいことがあったのでドアをノックしたのじゃ。いろいろ気づいてもらえたかな。急いでいるときは、何かを見逃していることもあるんじゃよ」

蟹座の占い一覧はこちら

獅子座(ししざ)
7/23〜8/22生まれ

「変わらない自分」にこそ、大ブレイクのヒントが
2021年前半、マイペースで楽しく日々を過ごしていた獅子座は多かったのではないでしょうか? 2021年後半には、摩擦を起こしながら不器用に表してきたものを、もっと戦略的に打ち出していけるようになります。皆が、「自分の本当の個性とは何だろう」と模索していくこの時期、獅子座はもうとっくに自分自身というものを知っているからです。 恋が躍動するのは7月いっぱいと、10月上旬〜11月上旬。相手に譲歩しなくてもいい自由な生き方を認めてもらえるなら、永遠のパートナーシップも不可能ではありません。
獅子座のあなたへ、太陽の王様からのメッセージ
「わたしの大切な娘であり息子である君よ! 楽しんでいるかい? 説教タイムはもうなし。広い空に向かって飛んでいきたまえ。翼あるものはケンカせず、平和を大切にするんだぞ」

獅子座の占い一覧はこちら

乙女座(おとめざ)
8/23〜9/22生まれ

いくつものフィナーレと、新しい始まりの季節
2021年後半は、余計なものを切り捨てピュアに自分を研ぎ澄ませていくステージに。2020年に地のサインにいた木星と土星は現在風のサインにシフトしましたが、冥王星だけは2023年まで地のサインにとどまります。同じ地のサインである乙女座は、今年中にたくさんのグランドフィナーレを迎え、過去に自分がまいてきたものの実を摘み取ることになるでしょう。7/23〜9/22あたりまでには仕事や学業に関する「完成」が遂げられそう。人間関係においても卒業する相手が出てくるかもしれません。より自由になるための通過儀礼です。
乙女座のあなたへ、水星坊やからのメッセージ
「遠いところにメッセージを投げてみよう。光より速く届く君の言葉。つらいときも嬉しいときも、ずっと心に抱いていた希望を今こそみんなに知らせてあげるんだ」

乙女座の占い一覧はこちら

天秤座(てんびんざ)
9/23〜10/22生まれ

自分の幸せにフォーカス。ショートカットで目標達成
2021年後半は前半に引き続き、あなたの天性のキャラクターが周囲に大きな影響を与えていきます。自分が楽しいと思うこと・快いと思うことを仕事にしていくのがベストでしょう。苦痛を強いられるオファーに関しては、どんどん断っていくことを始めましょう。パートナーシップに関しても、事を荒立てるくらいなら別れ話などしないあなたも、本格的な風の時代に入った今、形よりも心、建前よりも本音を優先させるのがベター。10/6の天秤座新月は、生まれ変わりのチャンスです。周囲は好意的で、金運も良好です。
天秤座のあなたへ、金星ちゃんからのメッセージ
「美しいものは、あなたの心の中にある。あの人の心の中にもある。電流のように心と心をビビビと結び付ける魔法をあなたは生まれつき持っている」

天秤座の占い一覧はこちら

蠍座(さそりざ)
10/23〜11/21生まれ

ジェットコースター的展開を楽しみながら進んでいく
金星が蠍座に入る9/11〜10/7は美食やファッション、恋愛のさまざまなことが楽しいとき。副支配星・火星が蠍座入りす10/31〜12/13も長期的に活躍できるときです。ただし、この期間のあなたは過激に走りやすくなる傾向があり、周囲がぎょっとする言動に走る可能性がありそう。激しい議論は避け、大人の節度を守って、相手をぺしゃんこにする「一撃の言葉」は最後まで胸にしまっておくこと。支配星・冥王星は長期的にパワフルな山羊座にいて、蠍座の正念場での勝利をサポートしてくれます。
蠍座のあなたへ、冥王星じいやからのメッセージ
「ずっと前からじいやは見てきたんじゃ。影でつらい思いをした者がいちばん幸せになることを。だから君が幸せになることはずっと前からわかっていたんじゃ」

蠍座の占い一覧はこちら

射手座(いてざ)
11/22〜12/21生まれ

聖なる使命に気づく。方向転換もありそう
2021年の木星の動きは、射手座に多くのインスピレーションと改革への意志をもたらしてきそうです。仕事の価値観も変わり、不特定多数の人々から認められたり賞賛されたりするより、本当に自分を理解してくれる人だけにわかってもらえればいい、という「悟り」に達するとき。 パートナーシップも同じです。「この人こそ」という相手が自然にはっきりして、あなたの人生全体が美しくなり、聖なる輝きを帯び始めます。金星が射手座に滞在する10/7〜11/5の約1カ月間は、恋愛面で大きな充実を感じることができるでしょう。
射手座のあなたへ、木星どんからのメッセージ
「ようやく面白いことになってきた! 本当の出番がやってきたね。スポットライトが眩しくて、まいったね〜。みんなが拍手のスタンバイをしているようだし」

射手座の占い一覧はこちら

山羊座(やぎざ)
12/22〜1/19生まれ

これまでと違う景色がどこまでも広がっていく
あらためて「自分軸とは何か」を考える2021年後半。6/1から逆行を始めていた支配星・土星は、10/11に順行に転じます。この4カ月強は本格的な新しい時代に入っていくために、自分のルールや約束事を一つ一つ見直していく時期となるはずです。ネガティブな記憶も、無理に忘れる必要はありません。子ども時代のつらい出来事なども、すべてはあなたの糧になっています。「自分の運命はどのようにつくられてきたか」「それを受け入れた上でどう進むか」を前向きに考えて。愛情面でも2022年には、古いドラマのパターンから卒業していけるでしょう。
山羊座のあなたへ、土星教授からのメッセージ
「大切な教え子である君。もうこれ以上机に向かって学ぶことはない。私を越えてゆけ。過去を越えてゆけ。でも時々は、恩師の私を思い出してね」

山羊座の占い一覧はこちら

水瓶座(みずがめざ)
1/20〜2/18生まれ

最後に動き出す主役星座。自分との約束を果たす正念場
2021年後半は、意を決して大きなアクションに出ていくあなた。炎をかき分けてでも、やらなければならない使命を遂行していきます。伝達や表現に関することで、長年ぼんやりしていたことを、きちんとした形にしていくのかも。世の中全体が激動している今、あなたが発信しなければならないメッセージや「作品」があるようです。愛情面は変動期。自由と独立を保ちながらも、「家庭」と「家族」ということを深く考えることに。現在のパートナーが古い価値観にとどまっているのなら、成長する意志のある新しいパートナーにチェンジすることもあるでしょう。
水瓶座のあなたへ、天王星じいやからのメッセージ
「わしと最悪の相性の土星教授が君のところにいて、わしはちょっと困り顔。だけど、ねじれの位置から君の活躍はよく見えておる。世の中、嫌われ者が最後に笑うんだぞ! がんばれ!」

水瓶座の占い一覧はこちら

魚座(うおざ)
2/19〜3/20生まれ

まだ知らない世界へと、心ときめかせ近づいていく
2021年後半は未知のコースを進んでいく感覚があるでしょう。さかのぼれば2012年頃から、魚座は理想と現実のギャップに苦しめられ、夢をダイレクトに生きられないことに苦悩を抱えていました。2020年はその苦痛のピークだったかもしれません。本格的な幸運期のスタートは、木星が魚座にチェックインする12/30ですが、2022年の新しい始まりを迎えるまでに、身辺をなるべくシンプルで身軽にし、他人との感情のしこりを解決しておくこと。「あなたのことを嫌いな人は一人もいない」という状況をつくることが理想です。
魚座のあなたへ、海王星じいやからのメッセージ
「七色の海からこんにちは。幻想的なハープの音が鳴り響き、キミのまわりには人々が寄ってくる。乾杯のグラスの音。宴の主人公は、キミなのだよ」

魚座の占い一覧はこちら

「猫星ラピスが占う、2021年下半期の運勢」全文は『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2021年7・8月合併号にて

猫星ラピスの占いをもっと読む

Horoscope Reading & Text:Lapis Nekohoshi Illustration:Midori Nakajima Edit:Chiho Inoue

Profile

猫星ラピスLapis Nekohoshi 美しい地球の鉱石に魅せられ、猫の惑星からやってきた西洋占星術研究家。Numero.jpにて、星の動きを解説する“天体ちゃん”マンスリー占いを連載中。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する