Ms.COINTREAU / Post

お酒と映画のおしゃれな関係とは?
「コアントロー」が登場する3つの作品をご紹介!

世界中で人気のオレンジリキュール「コアントロー(Cointreau)」は、映画の中でも愛されていた!? 『カサブランカ』『テルマ&ルイーズ』『セックス・アンド・ザ・シティ』の名シーンから、映画とお酒のおしゃれな関係を読み解く。

『セックス・アンド・ザ・シティ』の名物カクテルで、乾杯!

cointreau 04
cointreau 04

1990〜2000年代にかけて社会現象にもなった人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で、サラ・ジェシカ・パーカー演じる主人公キャリー・ブラッドショーの好きなカクテルがコスモポリタンだというのは有名な話。キャリーはバーに行くと必ず、この美しく赤いカクテルをオーダーする。ウォッカと「コアントロー」、クランベリージュース、ライムをシェイクしたフルーティなドリンク、コスモポリタン。

ドラマシリーズが終了した後、2008年に上映された映画版でも、このカクテルが象徴的に登場する場面があった。それは、キャリー、サマンサ・ジョーンズ(キム・キャトラル)、シャーロット・ヨーク(クリスティン・デイヴィス)、ミランダ・ホップス(シンシア・ニクソンラストシーン)の4人が乾杯をするラストシーン。「おいしい」「昔飲んでいたわ」「古いけどいいわ」「円熟した味わいよ」と、テレビシリーズから年月が経た4人が交わす会話も感慨深い。

映画『セックス・アンド・ザ・シティ』
監督/マイケル・パトリック・キング
出演/サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、
クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン
原作/キャンディス・ブシュネル
公開/2008年

cointreau 05
cointreau 05

映画とともに紹介したマルガリータ、コスモポリタンの他にも、サイドカー、アカプルコなど、「コアントロー」が銘柄指名でレシピに使用されているカクテルはたくさんある。映画のワンシーンを思い出しながら、あるいはシネマの中の主人公になった気分で、バーでカクテルをオーダーする。そんな、お酒の嗜み方も大人の遊びの一つ。名作の中に登場するファッションやインテリアをライフスタイルに取り入れるように、物語を彩るカクテルたちを味わってみて。

Ms.COINTREAU

「カミーノ」の村本恭一が紹介する「コアントロー」の2つの異なる表情

「リゴレット」の赤池正也が提案する3つの「コアントロー」オリジナルカクテル

若き6代目アルフレッドが情熱を注ぐ「コアントロー」の魅力とは?

クリエイティブな女性を応援するルイーザ・コアントローが残したものとは?

レッドブルのお手本?!奇抜なアイデアから生まれた「ブランディング」とは?

Illustrator:Mizuki Abe
Text:Yukiko Shinmura

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する