おみやげやレストラン、パラオ街遊び情報 | Numero TOKYO - Part 2
Trip / Feature

おみやげやレストラン、パラオ街遊び情報

グアムと同じミクロネシアにあり、直行便ならわずか4時間30分でアプローチできるパラオ。地球の宝ともいえる世界遺産の美しすぎる海、伝説に彩られたジャングル、日本からいちばん近い水上バンガローなど、魅力たっぷり! 知らないなんて、もったいない!

palau#04_2-1
palau#04_2-1
デザイン豊富、パラオ語の入ったオリジナルTシャツ 郵便局近くにあるギフトショップ。“ルー”とはパラオの国花のことで、“エウンゲル・ア・イエデル”とは“マンゴーの木の下”という意味。その名のとおりにマンゴーの木の下にあるテラス席や店内のカフェで、ショッピングの合間のひと休みができる。人気メニューはふわふわのココナッツのかき氷と、マンゴーや甘酸っぱいサワーサップのスムージー。
palau#04_2-2
palau#04_2-2
palau#04_2-3
palau#04_2-3
ギフトショップでは、オリジナルTシャツが充実。南国らしいデザインに、パラオ語の一言付き。店内にはサンゴや貝を使ったアクセサリーやソープ、クッキーなど、バラエティ豊かにアイテムが並ぶ。
palau#04_2-4
palau#04_2-4
ルー・エウンゲル・ア・イエデル TEL/+680-488-8852

マリーナに面した おしゃれな一軒家レストラン

Text & Photos:Chieko Koseki

Profile

古関千恵子(Chieko Koseki)ビーチ・ライター。リゾートやダイビング、エコなど海にまつわる出来事にフォーカスし。“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”をループすること四半世紀あまり。世界各国のビーチを紹介する「世界のビーチガイド」で日々ニュースを発信中。「世界のビーチガイド」 www.world-beach-guide.com

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する