Beauty / Post

“自浄デトックスで”自分史上最高にキレイな心と体へ

cleanse my body and soul
cleanse my body and soul

体質、体調に合わせて取り入れたい薬膳における食材の性質

平性の食材

熱・温、涼・寒いずれにも偏っていない、穏やかな性質でありながら滋養強壮効果のある食材。穀類、豆類、いも類、ニンジン、ブロッコリー、キャベツ、春菊、白菜、とうもろこし、銀杏、シイタケ、黒きくらげ、白きくらげ、牛肉、卵、サンマ、サバ、スズキ、カツオ、イカ、イチジク、豆乳、はちみつなど。

平性の食材
平性の食材

温性・熱性の食材

冷えやすい女性は覚えておきたい、体を温めて、血行を良くする食材。羊肉、玉ねぎ、ニラ、ニンニク、シソ、ミョウガ、らっきょう、生姜、カボチャ、鶏肉、イワシ、鮭、アジ、エビ、栗、きんかん、桃、唐辛子、胡椒、黒砂糖、山椒、ジャスミン、マイカイカなど。

温性・熱性の食材
温性・熱性の食材

涼性・寒性の食材

体に溜まった余分な熱を抑え、利尿作用や消炎作用で体の中の老廃物の排出を促進。トマト、ゴボウ、ゴーヤ、レンコン、冬瓜、タケノコ、昆布、こんにゃく、カニ、アサリ、シジミ、豆腐、緑豆、はとむぎ、ナス、キュウリ、ほうれん草、チンゲン菜、オクラ、豚肉、オレンジ、リンゴ、バナナ、スイカ、柿など。

涼性・寒性の食材
涼性・寒性の食材

Illustration : Akiko Hiramatsu Edit : Hisako Yamazaki Text : Kumiko Ishizuka(p.4-6)Hisako Yamazaki(p.1-3、7-10)

▶ 次のページへ

Profile

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する