広末涼子のターニングポイント「お芝居ってお芝居じゃないんだと気づいた」 | Numero TOKYO - Part 4
Culture / Post

広末涼子のターニングポイント「お芝居ってお芝居じゃないんだと気づいた」

Numero TOKYO 79号 きっかけは“コレ”でした vol.52 米倉涼子
Numero TOKYO 79号 きっかけは“コレ”でした vol.52 米倉涼子
──ごく普通の日常を経験して変わられたのですね。ターニングポイントとなった作品は何でしたか。 「ドラマ『ビーチボーイズ』です。それまでは学業があったので、ドラマ出演には限りがありましたが、『ビーチボーイズ』は夏休みの3カ月間、初めてどっぷり浸かったドラマでした。お芝居ってお芝居じゃないんだと気づいたのもこの時です」
──芝居は芝居じゃない、とは? 「俳優は感情をつくったり真似したりするのではなく、本当にその気持ちになるんだなあと。海でリハーサルをしたときに涙が止まらなくなり、バスに帰って号泣したことがあったんです。そうしたら気持ちがすっきりしてしまい、本番どころかテストでも感情が戻らず『あれ? さっきの気持ちはどこへ?』と(笑)。そこで初めて、お芝居は自分の気持ちをコントロールして、本番で一気に出さなくてはならないと気づいたんです。ずっと感覚でお芝居していたので、本番まで泣くのを我慢すべきだと知らなかった。でもこの経験でお芝居がより好きになりました」
──女優業が楽しくなった? 「そうですね。挑む感じができたというか、演技がうまくなりたいと思うようになりました」

Profile

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する