050
Culture Post

その男、フリーダムにつき! 遠山 敦の「瞬殺画」で飾る、新ギャラリーのこけら落とし展

絵描きというものは往々にして気まぐれだ。ある時は絵の具まみれの服で現れ、目にも鮮やかな大作を前に満足げな表情を浮かべていたかと思ったら、次に会った時は鉛筆を握りしめ、鼻歌交じりで落書きめいた素描をひたすら描き連ねている。理由はただひとつ、「いまはそういう気分だから」。ようするに何ができあがるかは、その時々の気分次第というわけだ。
 
そんな感じだから、「遠山 敦が新しいギャラリーのオープニング展をやるらしい」という話を聞いて、またぞろ去年の『時間の色彩』展とはぜんぜん違う作風でくるだろう、いちいちびっくりするもんかとコタツで梅こぶ茶をすすっていたところ、案内状をひと目見てむむむと唸った。
……なんだこの屈託のなさは。フリーダムすぎる。本人いわく「瞬殺画」!!。自分の気の赴くままに描いて描いて、寝て起きてはまた描いて、鳥や騎士、ゴスペルと中華料理、狛犬からニュートリノ(?)まで、瞬殺!! のくせに味わい深く余韻に満ちたドローイング作品を、山のように描き上げた。
 
さらにそれを、東京・両国の裏路地にこのほど誕生する「Knot Gallery」のこけら落としによせて展示するという。聞けば、友人のフォトグラファー・羽田 誠さんが立ち上げるギャラリーのために一肌脱ぐという話らしく、これまたニクい。自由すぎる線画たちが、新たなアートスポットのまっさらな空間を舞台に、躍動する楽しみを描き出すことだろう。

遠山敦 個展 ストレンジ・ライン
会期/1月30日(土)〜2月14日(日)
会場/Knot Gallery 東京都墨田区両国3-16-11
時間/12:00〜19:00
定休/火・水
MAIL/knot.ryogoku@gmail.com
URL/http://www.knot-gallery.com/
 
※展示作品のなかから、お気に入りの作品をTシャツにできるサービスも。(1枚¥4,000+税 ※一部作品を除く)
 
Text:Keita Fukasawa

いいね!

Recommended Post