アスリート、母として、一人の女性として。安藤美姫が語る、今の想い | Numero TOKYO - Part 6
Culture / Post

アスリート、母として、一人の女性として。安藤美姫が語る、今の想い

安藤美姫が語る、今の想い
安藤美姫が語る、今の想い
1. 2013年12月22日“マイ・ウェイ”想いを込めて。ありがとう。 2. 2014年1月25日に石巻のお誕生日会に参加させてもらいました。また、みんなに逢えました! 3. 1月30日 映画『RUSH』のジャパンプレミアにお邪魔させていただきました。 人生初のレッドカーペット&舞台挨拶でした。

安藤美姫(あんどう・みき)

1987年12月18日、愛知県名古屋市生まれ。9歳で本格的にスケートを始める。2001-02に全日本ジュニア選手権、ISUジュニアグランプリ、ジュニアグランプリファイナルの3大会で優勝し、ジュニア時代からその才能を開花させた。中学3年生で出場した、02年ジュニアグランプリファイナルにて、女子公式競技では史上初となる4回転サルコウに成功し、ギネス入りを果たすという偉業を成し遂げる。トリノ、バンクーバーと2度のオリンピックに連続、日本代表として出場。11年の世界選手権では4年ぶり2度目の優勝を果たした。以後しばらく競技生活を休養。2012-13シーズン、現役選手への復帰を発表、同時に第一子も誕生も発表。競技復帰をした13年9月のネーベルホルン杯では2位を勝ち取る。昨年12月、ソチ五輪出場権を懸けて戦った全日本選手権にて、現役引退を表明。
Edit:Hisako Yamazaki
▶ 最初のページへ インタビューはXBRANDでも公開中!

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する