Beauty / Post

田丸麻紀、美しさの理由「今の生き方が心地いい」Hiroko.Kのビューティノート vol.1

オーガニック認定パフュームコスメブランド「Hiroko.K」の主宰で、皇族御臨席、各国在日大使館晩餐会で寄贈されるオーガニック香水を提供するなど活躍するフレグランスアーティスト、近藤Hirokoがナビゲーターとなり、マンスリーでお届けする美容連載。一回目となる今回は、女優・田丸麻紀をゲストに招き、女性が美しく歳を重ねていくためのとっておきのティップをご紹介します。前編は、二人の出会いと仕事のこと。<田丸麻紀の笑顔ショット&撮影当日の私服スナップ
田丸麻紀をイメージしたオレンジの白い花の香り
M「すごく新しいアプローチだなと思いました。そして、アロマというとヨーロッパやアメリカなど海外のものが多いなか、アルファベットではあったのですがHiroko.Kというブランド名を見て、日本の方なんだと知り、とても印象に残っていたんです」
H「麻紀ちゃんは、私が香りに託した思いをすべて汲み取ってくれるのよね。まるで広報スピーチみたいに(笑)。ホテルからのリクエストが、ただのオリエンタルではなく、日本のオリエンタルを打ち出してほしいというものだったので、私は神社の土器を選んだ。そしてそこに植物オイル香水を垂らしたの。仮に肌についてもベッドにこぼしても絶対に安全な植物だけで作った香りよ。それをきちんとこうやってとらえてくれる人がいるっていうのはホテルにとっても、作り手の私にとっても、本当に嬉しいこと。作り手の意図とか、素材の本質をすぐ理解できるのが麻紀ちゃんの素晴らしさなのよね」
M「本当にご縁だなあと思うのですが、それから数年後にキャンペーンのお仕事でご一緒させていただいたんですよね」
H「麻紀ちゃんがキャンペーンモデルだったので、私が麻紀ちゃんをイメージした香りを作ったのよね。オレンジの白い花の香りをベースにつくらせてもらったの(※1)」
M「マンダリンで香りを介して出会って、またお仕事でも結びつきがあって」
H「それからまた数年して、偶然レストランでばったり会ったのよね」
M「キレイだと思うこととか、美味しいと思うものが似ているのかも。あれも偶然でしたね。連絡先を交換して、それが6年ぐらい前。それで今に至る訳です」
【自分をハンドリングできるようになった節目】

Profile

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する