Astrology / 今月の天体観測&12星座

猫星ラピスが占う、2021年10月の天体観測&12星座の運勢

風の時代に突入し、占星術をより身近に感じられるようになっている私たち。星のことをもっと知りたいあなたのために、西洋占星術研究家・猫星ラピスが、“天体ちゃん”からの動きをやさしく解説するとともに、12星座別の運勢を鑑定。今回は、蠍座シーズンの「2021年10月24日から11月22日」までをお届け。

2021年10月の天体ちゃん観測

「すべて」が一斉に動き出す注目のシーズン

逆行していた天体が次々と順行に戻り、10/18に水瓶座の木星が順行に切り替わると、本格的に「風の時代」のギアが入る。2021年の停滞していた流れが、10月下旬になって急速にスピードを帯びるため、勢いが良すぎてコケたり、時期尚早の判断によって失敗しないよう注意が必要。10/24からは太陽が蠍座に。「備えと蓄え」の季節に入り、意識を引き締めていくことを求められるでしょう。

射手座を進行中の金星は、11/6に山羊座にシフト。緊急事態宣言開けから10月いっぱいにかけて解放ムードが進んだが、11/6以降は再び何らかの警告がもたらされるかもしれません。海外の旅のプランを立てていた人は、再度の延期となることも。ここからは各自の自己責任、という気運も高まり、経済活動についてはそれぞれの内なる基準で動いていくことに。天秤座という天体にとって弱い配置にいた火星は、10/31から蠍座に入って、威力を取り戻します。受け身では物事は運ばないムードとなり、積極性やある程度の攻撃性も求められことに。風の時代の基本としてある「心の優しさ」を保ちながらも、強い意志を持って前進していく季節に入るでしょう。

改革の星・天王星は逆行を続け、牡牛座12度前後で速度を落とし、トータルな改革はまだ難しく、政治も金融も日常生活も、ルールが二転三転していきます。ファンタジーと虚妄の星・海王星が順行に転じるのは12月上旬。天王星・海王星の逆行は、人々の意識の揺らぎに影響を及ぼすが、最遠の惑星・冥王星は10/8に既に順行に入っているので、「終わるべきものは終わる」フェイズに。地の時代の権威・建前にしがみつこうとしても、なかなかうまくいかなくなることも。

水瓶座の後半の度数を進行している木星は、次の魚座・木星への橋渡しとなるさまざまなポジティブな「気分」をもたらしてくれます。平等で相手の気持ちを読む社会、差別や搾取のない世界、すべてがアートである世界を、水瓶座の木星は促進します。重くて不要なものは、捨てた者勝ちの時代に。

天体ちゃんたちからのメッセージ

太陽の王さま
10/24から蠍座にいるよ。私が天秤座にいるときは、みんなも秋の豊作を祝って楽しい気分だけど、蠍座に入ると私が天空に顔を出す時間もますます短くなっていくし、空気も肌寒くなっていくから、そうそう楽観的でもいられなくなってしまうね。天王星じいやとは、この期間はちょっと難しい雰囲気になりそう。お互い「自分が王様だ」と言ってきかない者同士だし、向こうも色々フラストレーションがたまって私に言いたいことが山積みだろうからね。11/5の新月では、私と天王星じいやは決定的なバトルになりそう。何が起こるか分からないけど、太陽系の責任者としては、すべてが丸く収まるよう願っているよ。短気を起こして何かを切り捨ててしまうと、後から後悔することになるので、みんなもこの時期は慎重になって。

お月さま
蠍座の季節に入りましたね。11/5には新月を迎えるけれど、この日に私がいるのはあまり居心地のいい場所ではないの。その上、私の繊細な心をピリピリさせる天王星じいやからも、色々プレッシャーを与えらる配置になるので、この新月はちょっと心安らかではいられないわ。私は空にはいませんが、太陽の王様の陰に隠れて皆さんの無事を願っていますからね。11/19には満月となり、晴れていれば素敵な私を見つけることが出来るでしょう。実はこの日は、木星どんと水星ぼうやが困った配置にあるので、皆さんは言動に注意よ。自分を大きく見せようとして、真実ではないことを語ってはダメよ。

水星坊や
ようやくスムーズな動きに切り替わって、本来の役目を迅速に果たしているボク。11/5まで天秤座にいるけど、今年はこの星座には本当に長居をしたなぁ。でも、秋にじっくりボクが天秤座に居座ったことで、仲直りをした人たちはきっと多かったはずだよね。天秤座は「仲良し」の星座だから。 蠍座にボクが入ると、みんなはより集中力が高くなり、警戒心が強くなり、よい意味で行動に無駄がなくなるんだ。でも、カッとしやすい火星くんもボクと同じ蠍座にいるから、少し言動が短気になってしまうかも知れない。その点は注意してね。何かをマスターしたいと思っている人は、意識をひとつのことにフォーカスできるからうまくいくはずだよ。あまりあれこれと手を広げ過ぎないで、落ち着いて取り組むことだよ。

金星ちゃん
10/8からアクティブで楽観的な射手座に「歓び・楽しむ星」である私・金星ちゃんが居ります。射手座は外へ外へと飛び出していく星座だから、みんなも「楽しいこと・快いこと」を求めて、どんどん開放的になっていったかも知れないわね。11/6に私がストイックな山羊座に入ると、ムードに変化が。また少し「制限されること」が出てくるかも。自分を律して、羽目を外さないことが大事になってきそうよ。山羊座は私にとって悪い場所ではないんだけど、「愉快になって、気持ちよくなっちゃおう」という性質をもつ金星にとっては、色々と縛りが出てくる星座なの。他の天体さんたちの様子を見ても、同じ空気を感じるわ。楽観モードから再び「気を付けよう」モードに戻るかも知れないけど、がっかりしないでね。

火星くん
9/16から天秤座にいたボク。実は、天秤座では、なかなかパワーを発揮できないんだ。「えいっ」とやる気を出すたびに、炎上したり何かをひっくり返してしまうからね。そんな熱血選手なボクも、10/31からはホームのひとつである蠍座に入るから、ここからは本領発揮だよ。みんなも、うまくパワーをコントロールして動いていけるようになる。敵がいても慌てないで。先に手を出さず、向こうの弱点を読むことが大事なんだ。冷静に戦略を立てれば、たいがいのことはクリアできるから。ボクは12月中旬まで蠍座にいて、みんなの「闘い」を応援しているからね。無駄にエネルギーを使わず、効率的に動いてね。

木星どん
10/18に順行にもどって、水瓶座の22度という度数から再びスピードを増している木星どんだよ。「風の時代が来たというのに、まだ全然旧世界のままじゃないか」と思っているキミ。本当の意味で風が吹きはじめるのは、実はここからかも知れないんだよ。土星教授も私も、水瓶座で逆行している間はやきもきしていたから。なんでこんなに古い世界のままなんだろうって。しばらくは「三歩進んで二歩下がる」って感じだろうけど、少なくとも2021年の残りは、私の風パワーで公平な世の中を作り上げてみせるよ。木星はポジティブな星だから、前向きなキミには応援を惜しまないつもりさ。

土星教授
渋い魅力で時代をリードしている土星教授です。10/10まで逆行していたけれど、今は順行に戻って水瓶座の7度という場所にいます。太陽系の教授として皆さんに伝えたいのは「セルフ・ブランディングをやってみて」ということだね。一途なだけ、素直なだけでうまくいかなかった人は、自分が自分のプロデューサーになるつもりで俯瞰の視点を持ってみて。自分で自分が分からない、というのなら、プロのプロデュースを頼んでみるのもいいね。無限の可能性をもつキミだけど、軸となるものがはっきりしていないと、なかなか周囲から認めてもらえないかも。土星は「もう時間がないよ!」と急き立てる役を負う天体だから、厳しいことを言っても許しておくれ。「もしかしたら、今まで時間をムダにしてこなかったかい?」ここからは、寄り道なしだよ!

天王星じいや
逆行仲間だった木星以遠の天体たちが続々と順行に戻る中、わしと海王星じいやだけは逆行を続けています。みんなを悩ましい気分にさせているのは重々承知だけど、これも宇宙的には大きな意味があることなんじゃ。今、地球がとんでもない重要な時期にあることは承知の通り。そんなときに、革命のボス天体であるわしが急いで橋を渡ったら、ロクなことにならない。だから、肉体をもって生まれた者たちに「ルールを何度も見返そうよ」とアドバイスしているのじゃ。土星教授とは慢性的に犬猿の仲だけど、この時期は火星くんもわしに対して反抗的なポジションに。わしとしてもちょっと大きな声で発言することもありそう。「もっと革命を!」とね。

海王星じいや
魚座の20度あたりでゆらゆら逆行を続けている海王星じいやです。魚座にいるということだけで、ワシは十分リラックスしているので、さまざまな大変なことも「いずれはなんとかなる」って信じている。イメージが現実になり、心の中の言葉が未来になる、というのがわしの法則だからね。のびのびとおおらかに、みんながこの時期を過ごしてくれることを願っているよ。蠍座月間は、太陽の王様、水星ぼうや、火星くんもみんなわしの味方だしね。2022年に入ると、海王星じいやは今よりスポットライトが当たることになるんだけど、今から予告しておきたいのは「心の優しさが最大の武器になる時代が来るよ」っていうこと。困っている人を助けたり、子供や弱者を守ったりすることが大事。それが出来ないんじゃ、2022年はアウトだからね。

冥王星じいや
ずっと山羊座にいる冥王星じいやです。蠍座の季節は、蠍座のメインの支配星である冥王星にもスポットライトが当たるので、結構忙しくなりそうじゃ。わしの性質である「死と再生」ということが、大きく浮上していくだろうね。冥王星は「最も遠いところに運んでいく」という意味もあるので、これも覚えておいて。色々抽象的なことを述べたけれど、「お金」「価値」ということに関して、今までとは違う意識が生まれそうなのじゃ。愛が豊かさを生み、勇敢さや正義がお金を生む時代がやってくるということだね。あと「人は肉体が亡くなっても、魂は生きている」ということが、次々と証明されていく時代になるだろう。

12星座別 今月の天体ちゃんのお告げ

牡羊座
熱血モードが返ってくるでしょう。あまり熱くなりすぎて、周囲の調和を乱さないよう。正義感が強いのはあなたの長所ですが、「多様な価値」の時代はさらに寛容さも求められます。オフタイムのレジャーも、はしゃぎすぎてケガをしないように。

牡牛座
対人関係に黄色信号。厄介な人のトラブルに巻き込まれたり、あなた自身がいつもより攻撃的になってしまったり。そういう「困った時期」とあきらめて、少し人と距離を置くのも一案です。プライベートはグルメが楽しい。

双子座
スピードを出し過ぎて、途中で息切れしそう。この季節は「パワーの温存」ということを考えて。お金は計画性を持ち、楽観的になりすぎないこと。初期投資にお金をかけすぎず、レンタルで済ませられるものはレンタルで。

蟹座
「やる気」はあっても「体力」はそろそろ限界。長期的な疲労感が噴き出しやすく、不調のときに人と会うとトラブルが多くなりがち。年末まで予定がびっしりという人は、予定を立て直して。何より心身の健康が一番です。

獅子座
新しい流れに乗って活躍をスタートさせた獅子座ですが、最初の試練がやってきそう。あなたの理想や革命的ヴィジョンに反論が湧き出すことも。バトルは避けて、「話は聞くよ」という姿勢で。オフタイムは賑やかで楽しいムード。

乙女座
世の中の流れとハモってくるとき。何か大きな「賞」を得たり、長年の功績を認められるシーンがあるかも知れません。あなたを影で支えてくれた人たちに感謝のメッセージを。2022年に向けて旅立ちの準備をする乙女座も。

天秤座
神経をすり減らす戦いの季節が終わります。苦手なジャンルを任されて悲鳴をあげていた天秤座も、慣れるか、違う場所にシフトするかで負担が少なくなっていく。経済面では出入りが激しいときだけど、結果的にはプラスに。

蠍座
やりかけてきたことは、何が何でもエンディングにまで持って行こうとするときです。白黒つけなければ気が済まない蠍座ですが、強硬手段に出過ぎると壊れてしまうこともあるので慎重に。周囲とは調和的な関係をキープして。「恩知らず」はタブー。

射手座
派手で楽観的なムードは11/5まで。ここまではかなり楽しめるし、あなたの評価も上昇。金運もよいでしょう。人間関係は、白黒つけすぎず「まだ保っておいたほうがいい縁」はキープ。すべてをはっきりさせすぎても、暗い結果に。

山羊座
「欲張ってOK」の季節。片方を成立させるために、片方は犠牲…という発想から脱却を。両方を手に入れられる手段があります。また、犠牲を払い過ぎるコミュニケーションも改善して正解。努力した分いいことがあるとは限りません。

水瓶座
正念場。仕事では手に汗握るスリリングな瞬間も。「勝てる」と強くイメージして、ポジティブに進むこと。余計なノイズはシャットして、自分の心の声だけに耳を傾けて。また、忙しくても週に一度は手の込んだ料理を作ってみるべし。煮込み系など。

魚座
楽しいときですが、特定の人に依存し過ぎないよう注意。恋愛なども調子がいいときだけに、「誰かと一体化しすぎて、自立を保てなくなる」ことが心配。あくまで自分の足で立ちながら、相手との時間を楽しむこと。ひとつの快さにハマりすぎないで。

猫星ラピスの占いをもっと読む





Illustrations & Text:Lapis Nekohoshi Edit:Naomi Sakai

Profile

猫星ラピスLapis Nekohoshi 美しい地球の鉱石に魅せられ、銀河系のはるか彼方・猫の惑星からやってきた西洋占星術研究家。パワーストーン蒐集は趣味を超えたライフワーク。タロットと猫パンチも得意。現在は人間の姿を借りた猫だけれど、いつかきっと本物の地球人になれると信じている。 Illustration:muumenna

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する