11
Culture Post

ティファニーとNYの素敵な関係清原あいかの偏愛レポート

約180年前にニューヨークにて誕生したティファニー。ティファニーについて調べれば調べるほど、ティファニーとニューヨークには切っても切れない縁があり、興味深いストーリーが存在することを知りました。好きなものや興味のあるものにやや偏りのあるファッション・エディター清原あいかが、今回のニューヨークトリップで個人的に気になった偏愛ポイントをご紹介します。

Photos:Kohey Kanno, Aika Kiyohara
Text:Aika Kiyohara
Edit:Yukiko Shinmura

Helicopter Tour
ヘリコプターの中で知った
ニューヨークとティファニーの関係

Tiffany
Tiffany

今回のトリップの中でも特に楽しみにしていたのがヘリコプターツアー。ティファニーとゆかりのあるニューヨークという街をヘリコプターでクルーズしてみましょうと、まさにアメリカン・ドリームの象徴であるティファニーさまでしか体験できないであろう、スペシャルなツアー。ニューヨークも初めて、ヘリコプターも初めて…とまさかの初めて尽くしだった私ですが“ヘリコプター女操縦士”がテーマのスタイルで、テンション高く参加させていただきました!

実は高所恐怖症。私高いところ大丈夫かしら…とあんまり自信がなかったのですが、さすがティファニーさま。木目やレザーソファがあしらわれた高級感溢れるヘリコプターをご手配。ラグジュアリーな内装だったので、高所にいる恐怖感はほぼゼロ。それに、私のボスであり守り神である(笑)編集長もこのツアーから参加。ボスも一緒なので、安心して楽しめました!


もう一度言いますが、初めてのニューヨーク。まさかヘリコプターに乗ってマンハッタンを一望するとは…。あの自由の女神も、あのヤンキー・スタジアムも、初見で上空から見下ろしちゃうなんて(笑)。ヘリコプターに乗りながら、ニューヨークとティファニーの関係をいろいろ教えてもらいましたが、その中でも特に興味深いエピソードを!

NとYを併せたかの有名なニューヨーク・ヤンキースのロゴは、なんとティファニーがデザインしたそう! 確かによく見れば、シンプルながらもアーティスティック。それから100年以上、大リーグで最も有名なチームであるヤンキースのロゴとして世界中の人に愛され続けているなんて! いやはやさすがのティファニーデザインです!!

アメリカの象徴、自由の女神もヘリコプターから見ると、なんだか可愛いサイズ(笑)。

ボスの杏子先生と、ティファニーとゆかりのあるヤンキー・スタジアム!

無事到着! 一緒にヘリコプターに乗ったチームみんなで記念撮影。ティファニーとニューヨークの素敵な関係の話を伺いながらの約20分のフライト。まるでニューヨークを制覇してしまったかのような錯覚に陥ってしまい大変でした(笑)。次にニューヨークを訪れるとき、私はいったい何を楽しめばよいのか、正直不安で仕方ありません(苦笑)。ヘリコプターから見た、まるでジオラマのようなニューヨーク。この光景を一生忘れることはないでしょう。

Profile

清原あいか(Aika Kiyohara)ファッション・エディター。雑誌編集、スタイリストアシスタントを経て2009年『Numero TOKYO』に参加。田中杏子に師事後、独立。ファッションストーリーやトレンドレポート、女優インタビューなどに携わり、スタイリングからライティングまで幅広く活躍。JUJUやPerfumeなどアーティストの衣装も手がける。自他ともに認めるファッションアディクトで、毎シーズン新作からファーストラインをルック買い。コレクション会場で撮影隊に激写される“ド派手”なスタイルも話題。

Recomended Post