パン野ゆりのぶらりパン歩き 2年半ぶり、念願のパリで出合った「Fermentation Générale」 | Numero TOKYO
Food / Bakery Hopping

パン野ゆりのぶらりパン歩き 2年半ぶり、念願のパリで出合った「Fermentation Générale」

おいしいパンを求めて世界中どこまでも! パン愛にあふれたモデル山野ゆり改め“パン野ゆり”が、話題の新店から知る人ぞ知る逸品まで、津々浦々パンの世界を独自の視点でお届け。今回は、念願のパリレポート! 約2年半ぶりのパリで訪れた感動のパン屋さんとは?

※パン屋さんとは関係ないパリのベジレストランにて。
※パン屋さんとは関係ないパリのベジレストランにて。

こんにちは! パン野ゆり改め、パリ野ゆりです(今だけ)。今回は特別編! 2年半ぶりの渡仏バージョン! 滞在中に見つけたお気に入りのパン屋さんをご紹介したいと思います。

2022年パリ。

数年ぶりの訪問に高鳴る胸が抑えきれない!そんなウキウキなパリ滞在、今回も愛すべきパンたちを食べまくり。 パリは本当にパン屋さんの数が多く!犬も歩けばパン屋に当たる状態。パン☆ラブ☆ピープルにとってはこの上ない至福な場所。

Fermentation Générale

そんなパンまみれになったパリ滞在で気に入ったお店がこちら、11区の北マレにあるFermentation Généraleです。 2018年末からあるこちらのお店なのですが、あいにく未訪問だったパン屋さん。パリ在住の友人たちに激推しされて今回やってきたのですが、パリっ子が唸るのに同意! パンがとっても美味しく記憶に残っているのでご紹介します♡



フェルマンタンシオン=フランス語で発酵。 店名の通りに「発酵」に力を入れているパン屋さん。種類こそ少ないのですが、普通のカンパーニュの他にもオレンジの花のパン、シャンパーニュ地方の赤い小麦やスペルト小麦のパンなど面白そうなパンがたくさん! わくわく。どきどき。 発酵の仕方もパンによって変えているそうで、こだわり(良い意味でクセ)が強いのを感じます。



ワイン好きの店主がセレクトしているオススメのお酒も壁にずらり。面白そうなエチケットを見ているだけで味への想像力が掻き立てられます。

パリで甘酒!

私はその日スタッフの方にオススメされた、スイカと生姜とケフィアの発酵ドリンク(?)と甘酒をいただきました。

甘酒の方は……飲みやすい‼︎ 私が普段口にする甘酒よりもサラサラとしていて、味もマイルド。発酵ジュースは……なんとも言えぬお味(笑)。
私の口には合いませんでしたが、フランス人にはウケが良いそうです(笑)。

パンはすべて量り売りで、自分の好みの量を伝えればカットしてくれます。もちろん手のジェスチャーでもOK。

どのパンも小麦の味や香りが強く、パンによって味わいが異なっています。リーンなパンでこれだけ風味に違いがあるなんて……♡

ワインとも相性抜群! 赤い小麦のパン

シャンパーニュ地方の赤い小麦のパン(赤い小麦だなんてワード聞いたら好奇心が止まりませんよね)。こちらほんのりと赤土色のパンで、一口食べるとまずはクラストが「ガリガリッ‼︎」とケタタマシイ。もうここはまるでお煎餅。香りも強くてボリボリ言わせながらクラムに突入、赤い小麦の味わいはかなり風味が強く、その中に酸味がほんのりと顔を出します。

これはワインとペアで成り立つと言っても過言ではないくらい‼︎ もうめっちゃワインに合いますわ。

スイカと生姜とケフィアのジュース。ワインにしとけば良かった……(涙)。

他にも店先ではパプリカのフォカッチャとリーンなカンパーニュもスライスしていただきました。

フォカッチャの方はイタリアっぽくも日本っぽくもない、目の詰まったカンパーニュのようなパンで、食感への価値観の違いが顕著で驚いたフォカッチャでした。カンパーニュの方はスタンダードでありながら捏ねや発酵の力が強い感じがヒシヒシと伝わり、野生っぽさが特徴。

お肉とさぞ合うのだろうなあ‼︎

なかでもお気に入り♡ 甘い香りのスペルト小麦パン

そして、私はここのスペルト小麦のパンが、忘れられない究極にラブいパンになりました。

だってこのスペルト小麦のパン、ほんのりと甘いんですよ♡ 小麦の甘さがいわゆる「噛めば噛むほど甘味が出る」というものではなく、お菓子っぽい甘さというか……香りが甘いのかな?
有塩バターをつけて食べるとホットケーキを食べている感覚に似ていて驚き。

生地は弾力がありモチモチしていて、クラストはやや厚めでガリガリ。コントラスト120点!

個人的にスペルトのパンは好きで日本でも食べるのですが、なかなか取り扱いが少ないんですよね。

パリでは以前に比べてわりとよく見かけるようになっていて、スペルトブームが来ている!? なんて感じたりもしました。健康値も高くアレルギーが出ないのも特徴で、パリっ子たちにも大人気のスペルトのパン。

渡仏した際にはぜひFermentation Généraleのスペルトパンをチェックして!

Fermentation Générale
住所/37 Rue de la Folie Méricourt, 75011 Paris, France
Instagram/@fermentationgenerale

パン野ゆりのぶらりパン歩き

Profile

パン野ゆりYuri Panno パンコーディネーター/パンシェルジュ。日本全国、訪れたベーカリーは数えきれないほど。年に数回は海外へも足を運び、パンを独自の視点で分析。最近では、トークショーや「世田谷パン祭り」でワークショップを開催するなど、活躍の場を広げている。モデル山野ゆりとしては、雑誌や広告、CMなど幅広く活躍中。モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案中。Instagram: @yuri.yamano

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する