04
Lifestyle Post

山野ゆりのぶらりパン歩き 大阪の食パン専門店「レブレッソ」が東京に!

美味しいパンを求めて世界中どこまでも! パン愛にあふれたモデル山野ゆりが、話題の新店から知る人ぞ知る逸品まで、津々浦々めくるめくパンの世界を独自の視点でお届け。今回は、2018年7月に東京・武蔵小山にオープンした、大阪の人気食パン店「レブレッソ(LeBRESSO)」の新店をレポート!

厚切りバタートーストが人気の大阪「レブレッソ」

大阪にも、好きなパン屋さんはたくさんあります。その中でも定期的に思い出して、うっとりする食パン専門店があるんです。それがレブレッソというお店です。

大阪の鶴橋に本店を、大阪駅のグランフロントに2号店を構えてます。写真は鶴橋の本店で、外観はオシャレな煉瓦造りで目を惹く建物です。

店内もウッド調でおしゃれに仕上がっていました。そして、お目当ての食パンがこちら!

ブルーのラベルが効いています。手に持つとなかなかずっしりとした感触です。

せっかくなのでイートインを。初めてのレブレッソは、やはり看板メニューの厚切りトーストをチョイス。

これです、これ。夢にまで見た4センチの極厚トースト! 焦げ具合も良い感じで、コロリとしたバターに愛情さえ感じます。

厚みのインパクトもありますが、食べるととにかく「美味しさ」にビックリするんです! サクリと軽めな音を立てて歯がパンに入っていくと、すぐにフワモチとしたパン生地の優しい食感が。さらに、そこにバターとトーストの少し焦げた香りも相まって、シンプルなほどそれぞれの個性が際立つのを感じます。

実はこのとき、この気持ちを理解するまで少し時間がかかりました。私はパンを食べて「美味しい!!」が強すぎると、一瞬情報が整理できなくなってしまい数秒ポカーンとなってしまうんです。その後すぐに高揚感に包まれ、いつまでもこの美味しさが続く様な錯覚に陥るんです(笑)。私はこの現象を「ブレッド・ハイ」と呼んでいます。

そんなブレッド・ハイに陥る魔性の食パン。東京でも忘れられず、レブレッソの食パンが食べたいな〜なんてインスタにつぶやいたりしていました。

東京でも充実のトーストメニューを堪能!

そんな大阪でしか食べられなかったレブレッソが、今年7月、東京・武蔵小山に待望のオープン!

なんということでしょう! 以前ご紹介した大阪の名店“ルシュクレクール”監修のパンが六本木に進出、さらにレブレッソまで東京へ来てくれるなんて! 2018年はパン屋さんの当たり年だ〜!なんつって一人で大興奮。(お次は大阪のパリアッシュさんが来てくれないでしょうか?)

外観は大阪と同じくレンガ調の造りで、本当にレブレッソが来たんだ!というワクワクした気持ちになりました。

店内はすっきりひろびろとした印象で、イートインの席も充実。それでもお店は大変混み合っていて、常に行列。ひっきりなしにお客さんがいらっしゃっていました。

さて、入るとすぐに食パンの棚が。私が伺ったのはお昼のピークを避けて14時頃。ベーシックな食パン以外は全てソールドアウトという人気ぶり。

ハードタイプやフレーバータイプも食べて見たい…!

気を取り直して、せっかくなのでイートインを注文することに。
甘いものからサラダ系までさまざまななバリエーションです。それにしてもどれも美味しそう!

お腹がぺこぺこだったので、まずはサラダ系のトーストからスタート。アボカドベーコンのシーザーサラダをオーダーしました。

ボリュームたっぷりなお野菜が食欲をそそります。味付けはシーザーですがやや濃いめの印象。パンはクルトンみたいな働きかと思いきや、食パンとしてしっかり主張されていました。

お次はキーマカレー! こちら、秋の限定のお料理で、9月から3ヶ月間の期間限定商品。食欲の秋、大口を開けて大胆に食べましょう。

割ってみるとすごいキーマのボリューム! シーザーもそうでしたが、ふんだんに食材を使ってくれるのも嬉しいですね。

本格的なスパイスを感じるキーマカレーに、若干のピリ辛と具材のゴロゴロ感も癖になりそう。これは立派な食事メニュー! 満足度も高いです。

個人的に1番ヒットだったのがこちら! ピスタチオとマスカルポーネ。散りばめられたクランベリーに作り手のセンスも感じます。ベースにピスタチオミルクジャムが敷き詰められ、上にはピスタチオとクランベリーとマスカルポーネ。仕上げにハチミツがてらてらと光ります。

これは初めて食べる味! しつこくない甘さにトロリとしたマスカルポーネのコク、しっかりと濃さはあるもののクランベリーの酸味もあってさっぱりとした印象。足し算と割り算をしたようなお味です。とても美味しい!

締めはサワークリームとハニーバターアップル! これ、ビジュアルがなんとも美しい。りんごの儚げなスライスと蜂蜜の透明度にしばらく目が釘付けです。

蜂蜜を吸い込んだパン生地がジュクジュクになり、お砂糖のジャリジャリとした食感もプラス、薄いりんごのスライスがなんとも上品。終始嫌味のない甘さに包まれ、至福の時間。スイーツと言っても過言ではない!

どれも個性があってとても美味しかったです。イートインではさまざまなメニューが楽しめますが、テイクアウトをした食パンだけでも充分に美味しい! お近くにお越しの際はレブレッソの食パンで貴方もブレッド・ハイになりませんか?

LeBRESSO 目黒武蔵小山店

住所/東京都目黒区目黒本町3-5-6
TEL/03-6712-2780
営業時間/月~金 9:00〜19:00(L.O. 18:30)
土日祝 8:00〜19:00(L.O. 18:30)
定休日/不定休
URL/lebresso.com

BACK NUMBERはこちら

Profile

山野ゆり(Yuri Yamano)パンコーディネーター/パンシェルジュ/モデル。雑誌や広告、CMなど幅広く活躍中。日本全国、訪れたベーカリーは数えきれないほど。年に数回は海外へも足を運び、パンを独自の視点で分析。最近では、トークショーや「世田谷パン祭り」でワークショップを開催するなど、活躍の場を広げている。また、モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案中。

Photos & Text: Yuri Yamano

Recomended Post