Food / Bakery Hopping

パン野ゆりのぶらりパン歩き 「パピエ ティグル」で出合った「チコパン×クゲヌマ」のパン

美味しいパンを求めて世界中どこまでも! パン愛にあふれたモデル山野ゆり改め“パン野ゆり”が、話題の新店から知る人ぞ知る逸品まで、津々浦々めくるめくパンの世界を独自の視点でお届け。湘南で人気の「チコパン×クゲヌマ」が食べられる穴場スポット、パリ発ステーショナリーブランド「パピエ ティグル(Papier Tigre)」のお店へ!

こんにちは! パン野ゆりです。個人的に半年に一度、パンを食べにパリへ滞在しているのですが、おしゃれなお店が点在しているマレ地区で出会ったのが、「パピエ ティグル」。

フランスのステーショナリーブランドなのですが、ノートや文房具などがとってもキュート! 日常を彩ってくれる素敵なステーショナリーブランドなのです。そんなパピエ ティグルが東京の水天宮前にもあるのはご存知でしょうか?

街中に突如現れるお洒落な外観♡ もちろん可愛いステーショナリーもお目当てなのですが…こちらでなんと、鵠沼で人気の「チコパン×クゲヌマ」のパンが食べられるというのでワクワクが止まりません♡

可愛い♡

パピエ ティグルはなんと言ってもこの色使い! 鮮やかでポップでキュート♡ なのに派手派手しくなく、イヤラしくならないのがパピエ ティグル流。センスの良い雑貨たちは見ているだけでウキウキします♫

ドリンクメニュー、めっけ

そしてお店の一角のサロンスペースには、大きなテーブルが1つとカウンターが数席あり、こちらでイートインも可能です。

ドリンクのメインは日本茶で、水出しの冷茶やほうじ茶や抹茶ラテなども楽しめます。(日本茶に合わせ、ご近所の老舗和菓子屋さん「玉英堂」のお菓子も♡)

パン、めっけ!

毎週火曜日に入荷されるというチコパン。週ごとに何が入るかはお楽しみ。私が伺ったのは火曜日の夕方前だったのですが、もうすでにパンの種類は5種類ほど。

食パン3種類とチョコレートのパン・ショコラとピーナッツバターサンド。小腹が減っていたのでショコラとテイクアウトで食パンをいただくことに♡

ドリンクはほうじ茶ラテ♡

まず運ばれてきたのはほうじ茶ラテ。真っ白で涼しげなビジュアル、底に向かってほうじ茶のグラデーションが漂ってきれいだなぁ。

クルクルとかき混ぜて一口いただくとマイルドなラテの中に細かな抹茶の食感が。
んん! 美味しゅう♡

ショコラ・ショコラ・ショコラ・ショコラ!

コロンとしたフォルムにゴリっとしたチョコレート。手に持つとズッシリと重たい! この「重み」ですでに美味しさを予感。一口食べるとギッシリと詰まったパン生地は歯ごたえがあるのですが穏やかで優しい…!

中にはギッシリなチョコレート! 甘過ぎないチョコとパン生地の相性がなんともGOOD♡ 大きなパンではないのですが、小麦がギュッと詰まっているのでボリュームも満点(ちなみに前歯が全てチョコレートまみれになるという“チョコレートの洗礼”を受けます)。

テイクアウトと思った食パンも

せっかくなのでテイクアウト用の食パンも一切れだけトーストにしていただいてみました。

チコパンのパンは国産小麦と小笠原の自然塩、きび砂糖、水、酵母が基本。油脂や乳製品、卵は使用されないとってもシンプルなパン。そんなシンプル・イズ・ベストな采配で作られた食パン。一体どんな味なのだろう?

クラストも均一なベージュ♡

トーストされた食パン、ショコラと同じく手に持つとズッシリとした重みが。一口かじると「ザグリ」とした歯ざわり! 噛めば噛むほどシンプルな小麦の味わいが広がり、素材の美味しさを痛感。個人的に大好きな若干の酸味も楽しめます。

美味しいパンは人それぞれ。私が美味しいと思うパンは、他の違う誰かには響かないかも?しれません。でもこのチコパンは素朴で優しくて、そして作り手の意志を感じるパン!(きっと、食べてくれる人の幸せを祈って作ってくれているんじゃないかしら。決して大袈裟なことではなく。)

この感覚は私じゃない誰かにもきっと共通に伝わるんじゃないかな。

付け合わせの練乳をつけて食べるとまた違った顔に。しっかりとした骨格のある食パンにマイルドな甘さ。コントラストが際立ち、とっても美味しゅう♡

なお、テイクアウトしたパンは油脂が加わっていないので時間が経つと固くなってしまいます。霧吹きで保水してから焼き直して下さいね。

オシャレなステーショナリーが手に入るのはもちろん、チコパンも食べられるパピエ ティグル。

次の休日は水天宮前に急いで!♡

PAPIER TIGRE

住所/東京都中央区日本橋浜町3-10-4 HAMA1961 1F
TEL/03-6875-0431
営業時間/11:00〜19:00
定休日/月(祝日は営業)
URL/papiertigre.jp

BACKNUMBERはこちら

Photos & Text: Yuri Panno Edit: Yukiko Shinto

Profile

パン野ゆりYuri Panno パンコーディネーター/パンシェルジュ。日本全国、訪れたベーカリーは数えきれないほど。年に数回は海外へも足を運び、パンを独自の視点で分析。最近では、トークショーや「世田谷パン祭り」でワークショップを開催するなど、活躍の場を広げている。モデル山野ゆりとしては、雑誌や広告、CMなど幅広く活躍中。モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案中。Instagram: @yuri.yamano

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する