Food / Bakery Hopping

パン野ゆりのぶらりパン歩き パンとプラスαなコラボレーションに注目!

美味しいパンを求めて世界中どこまでも! パン愛にあふれたモデル山野ゆり改め“パン野ゆり”が、話題の新店から知る人ぞ知る逸品まで、津々浦々めくるめくパンの世界を独自の視点でお届け。今回は、他ジャンルとのコラボレーションを展開するパン屋さんを紹介!

こんにちは! パン野ゆりです。さて、都内にパン屋さんはあまたありますが、なかでも最近気になったパン屋さんを2つご紹介します。
共通するテーマは、“コラボレーション”♡

しロといロいロ

“しロといロいロ”

ん? なんて読むの?? と一瞬戸惑ってしまう店名ですが、正解はすべてカタカナで読むとわかりやすいでしょうか?
「シロトイロイロ」。

ここは大人気のパン屋さん「パンとエスプレッソと」とテキスタイルブランド「cocca」がコラボレーションしたお店。パン×布という異色な組み合わせですが、実際伺ってみるとなんの違和感もなく。

パンがあり。

布がある。

なかでも目を引いたのがこちらの「パンブラー」なるパンのエコバック。取っ手がカスタム可能で、自分好みに楽しめるそう。下に並んでいるように、裏地を返すと可愛らしいcoccaのテキスタイルがお目見え。お家のパン入れに良いですね。柄に悩みながらも私も1つ購入。

お腹がペコペコだったので早速ランチセットをオーダー。2階のイートインでいただきます。(この2階も空間が素敵♡)

ランチセットは好きなサンドイッチとラペ、飲み物がついています。私がチョイスしたサンドイッチはビーフとチェダーチーズ! パストラミビーフとチェダーチーズ、レタスやトマト、ザワークラウトにオニオン…サウザンアイランドドレッシングがきいています。

多要素なのにまとまりがあってガブガブ食べちゃう。とっても美味しい!

別日にはここでしかいただけないパンを数種類テイクアウト。(コーヒーもとても美味しかった!)シュクレとくるみあんぱん、くりザマンド、どれも手軽なサイズでヒョイヒョイ食べられる。おやつ感覚でなくなってしまった!

次回のお目当ては14時から食べられるシナモンロールに決定♡

しロといロいロ

住所/東京都渋谷区恵比寿西1-31-13
TEL/03-3463-5495(cocca 03-3463-7681)
営業時間/9:00〜19:00(L.O.18:00) (cocca 11:00〜19:00)
定休日/第1火曜日(cocca:毎週火曜日)
URL/www.sirotoiroiro.com

ところ変わってこちらは根津。谷根千エリアとしても近頃楽しいショップが目白押しですが、なかでも気になったのが、こちらの「ベーカリーミウラ」。

ベーカリーミウラ

なかに入ると、ショーケースのなかにオブジェのようなパンがずらり。

こんなに大きなパンも! 背後には食パンも並んでいる。

残念ながら、2月にお花屋さんはなくなってしまったのですが、お店の奥には「平澤剛生花店」がありました。

なんてステキな空間! お花とパンのコラボレーション…ぜひともパンとお花を小脇に抱えて歩きたい…!

内観も美しく、この空間にいることがドキドキするようなお店でした。

そしてパンがとっても美味しいのです! お気に入りだったチョコパンは小麦の風味が強く、ふわもちの食感が至福♡ 噛めば噛むほど美味しいパン! 近所にあったら良いのになぁと思う魅力的なお店。今後、お花の出張販売も予定しているとか!

ベーカリーミウラ

住所/東京都文京区千駄木2-2-15 原野ビル 1F
TEL/03-5834-8972
営業時間/8:00~18:00
定休日/月・火・水

この他にもパン屋さんと本屋さんのコラボレーション・日暮里の「ひぐらしベーカリー」や、ベトナム雑貨とバインミーのお店、学芸大学の「333」など…
パン×ホニャララな化学反応が続々と増えてくるかも? しれませんね♡

BACKNUMBERはこちら

Photos & Text: Yuri Panno

Profile

パン野ゆりYuri Panno パンコーディネーター/パンシェルジュ。日本全国、訪れたベーカリーは数えきれないほど。年に数回は海外へも足を運び、パンを独自の視点で分析。最近では、トークショーや「世田谷パン祭り」でワークショップを開催するなど、活躍の場を広げている。モデル山野ゆりとしては、雑誌や広告、CMなど幅広く活躍中。モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案中。

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する