アラフォーエディターが「TAKAMI CLINIC」で集中シミ治療! vol.2 シミ取り体験レポート
Beauty / Editor's Post

アラフォーエディターが「TAKAMI CLINIC」で集中シミ治療! vol.2 シミ取り体験レポート

気がつけば増え続け、これ以上見過ごせないシミをどうにかしたい! と「TAKAMI CLINIC」に駆け込んだアラフォーエディター。前回は、副院長で美容皮膚科医の山屋雅美先生にシミ治療の基本をレクチャーしていただきましたが、今回は実際に施術を体験! 全3回にわたる経過をレポートします。

TAKAMI CLINIC院内
TAKAMI CLINIC院内

今回は、数年前にも受けて効果が実感できた「タカミクリニック式フォトフェイシャル(M22)」をリクエストしました。顔全体にIPLというマイルドな光を照射することで、シミ・そばかす、くすみ、赤み、毛穴の開き、ハリなどを改善する医療機関でしか受けることができないシミ治療です。何よりレーザー治療と違って麻酔なし、ダウンタイムなしで済むのがとても魅力的。さらなる効果を期待して、1カ月に1回ペースで全3回の施術を受けることにしました。

丁寧で念入りなカウンセリングに定評のあるTAKAMI CLINIC。副院長の山屋先生が担当してくださり、数年前の施術の際に肌トラブルはなかったか、ここ1年で大きな日焼けはしていないか、などの確認とともに、「目の下のもやもやとしているところは肝斑がベースにある可能性があります」と診断してくださいました。また、目元のくすみについても指摘され、アイメイクを落とすときにも摩擦に気をつけるようアドバイスも。日頃のケアが、お肌に出ますね(汗)。今回、より効果を高めるために内服薬を2種類処方していただきました。

錠剤のトラネキサム酸(左)は、シミの原因となるメラニン色素を生成する細胞である、メラノサイトを活性化するプラスミンの働きを抑える作用があるそう。ビタミンCとビタミンDを1包に高配合した粉末(右)は、そのまま飲むとかなり酸っぱいので水に溶かして飲むことをおすすめされました。炭酸水に入れると、飲みやすかったです。内側からも摂取することで、効果に期待! 忘れずに飲み続けることを決意しました。

さて、こちらが憎きシミのビフォーです。写真左の通り、目尻の横に点在するシミが特に気になっていました。写真右は、まぶたに2つシミが発生しており、驚愕。

洗顔をしたら、早速フォトフェイシャルの施術に入ります。まずは、顔の産毛を剃るところから。フォトフェイシャルの光は黒い色に反応するので、あらかじめ除去しておく必要があります。目や黒子もしっかり保護をして、ジェルを塗布していきます。ひんやりと気持ちいい。

最初に顔全体にまんべんなく光を照射していきます。先ほどの山屋先生のカウンセリングの通り、私の肌は肝斑も混在していることが懸念だったのですが、このTAKAMI CLINICで使用する「フォトフェイシャルM22」は肝斑の設定もできるので安心! さらに、毎回、医師がシミの症状と肌状態を確認し、そのときの肌状態に応じた照射設定を行うなど、一人ひとりに合わせたきめ細やかな対応をしていただけます。

「はい」という合図とともに、光のフラッシュとピリッとした刺激があります。ほうれい線や顎のラインに当てると刺激は少し増しますが、私は余裕で耐えられるほどの痛みでした。

次は、ピンポイントで気になるシミを狙い撃ち。肌の赤みなどに効果的な設定もあるので、気になる肌悩みは、カウンセリングの際にあらかじめ相談しておくことをおすすめします。

手際よく的確な照射をしていただき、あっという間に施術は終了しました。鏡を見ると、肌のトーンがワントーン明るくなっているではありませんか! 直後からうれしい変化が。若干の肌のピリつきはありますが、数時間で収まり、肌も赤くなることなく落ち着きました。

TAKAMI CLINICのスキンケアラインを試せるのも来院時の楽しみです。

するーっと肌に浸透するセラミド美容液は、フォトフェイシャルで刺激を与えた肌もやさしく保護してくれます。

こちらが翌日の写真です。早くも、シミが光に反応して濃くなり、瘡蓋化しようとしています。この数日後、薄い瘡蓋ができ、徐々に剥がれていきました。いい調子です! 内服薬も飲みながら、日焼けをしないよう日々のケアにも気をつけなければなりません。

1カ月後、再びクリニックへ! 2回目の診察も山屋副院長に対応していただき、経過を見ていただきました。ここでも医師自ら照射の設定を判断していただけるのが、安心です。2回目は少しパワーをアップして照射することになりました。

こちらが2回目の施術から数日経った様子です。だいぶ薄くなりました!! 感激……。

そしてさらに1カ月後、3回目のフォトフェイシャルの日が来ました。最後まで山屋先生が肌状態を確認してくださり、最終調節をしていきます。ラストも、やや強めのエネルギー量にしても大丈夫との了承を得て、照射を行なっていただきました。

そしてこちらが、3回目の照射後の写真です。前回よりシミが格段と薄くなっています!! まぶたの上のシミもトーンが落ちて、大満足です(目のキワのシミは施術が難しいため、照射しておりません)。そして肌のツヤやハリ、くすみも改善されたような気がします。というわけで、大成功です!

やはり、丁寧かつ精度の高いカウンセリングのもと、医師自ら毎回診察してくれるきめ細やかさ、そして施術者の確かな技術による賜物だと思います。

1回だけでも効果は見込めると思いますが、今回3回にわたり施術をしていただいて、やはり定期的に継続して行うことが大事だと実感しました。事実、シミ治療目的だけでなく、肌のメンテナンスとして1〜2カ月に1回フォトフェイシャルをされるお客様が多くいらっしゃるそうです。セルフケアにも限界があるので、信頼できる美容クリニックの定期的なメンテナンスは必要ですね。これを機に、私も習慣化させたいと思いました。そして何よりも、日頃の肌ケアも入念に行うことをここに誓います!

タカミクリニック式フォトフェイシャル(M22)
顔全体 初回 ¥28,000 1回 ¥44,000 3回コース ¥118,800 5回コース ¥176,000

TAKAMI CLINIC
美容皮膚科タカミクリニック
住所/東京都港区南青山3-18-5 モンテプラザ2F・3F・4F
TEL/03-5414-6000(受付時間10:00〜20:00)
完全予約制
https://takamiclinic.or.jp/

 

 

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する