エディターズトリップ夏の北海道! ウェスティンホテルでエナジーチャージ | Numero TOKYO - Part 4
Trip / Hotel

エディターズトリップ
夏の北海道! ウェスティンホテルでエナジーチャージ

猛暑の本州を抜け出して、どこか涼しいところで過ごしたい…。そんなときに入ってきた、北海道初となるウェスティンホテルオープンのニュース。場所は札幌から車で約90分、冬はパウダースノーで有名なスキーリゾート、ルスツ。大自然のなか夏のアクティビティを満喫しつつ、ウェスティンホテルならではの“ウェルネス エスケープ”でエナジーチャージしてきました。

Westin_Rusutsu2_Exterior_Golf_068_Flow
Westin_Rusutsu2_Exterior_Golf_068_Flow
まるで別荘! 全室メゾネットのウェスティンホテル 今回滞在したのは、2015年12月にオープンしたウェスティン ルスツリゾート。3つの山々に囲まれた広大な敷地内には、全37コースのスキー場、全4コース・72ホールのゴルフ場があるほど! ともかく広〜い。エントランスからロビーを抜けると、大きな窓のあるブッフェ&ラウンジ「アトリウム」が。朝ご飯はこちらから外を眺めながら。
DSC_0462
DSC_0462
DSC_0491
DSC_0491
お部屋はリビングとベッドルームが独立した全室メゾネットタイプで、ホテルというよりも別荘にいる気分。天井が高いのも◎。モダンなインテリアで、自宅のように落ち着きます。3ベッドや2ベッドルーム付きのお部屋もあり、さらに2台の収納式ベッドもあるので、最大7人で同じお部屋に泊まれます。
Westin_Rusutsu2_Room1718_King_F
Westin_Rusutsu2_Room1718_King_F
もちろん全室ウェスティンオリジナルの「ヘブンリーベッド」。“雲の上の寝心地”を謡うこのベッド、本当に気持ちがいいんです。好みの枕が選べるようにと、一つのベッドに5つのピロー。コレに埋もれて寝るのが好きです。そして、23階建ての眺めを楽しもうと窓を覗くと、そこにはなんと敷地内に遊園地が…!
DSC_0487
DSC_0487
道内最大規模だそうで、ぜひ子どもがいる友人にお勧めしたいところ。窓から見ると可愛らしいですが、間近で見ると結構広い。大人も楽しめそうな絶叫系も揃ってました。羊蹄山の絶景が見られるパノラマテラスの反対側からはリゾートが一望できます。ここから見るホテルもまたスゴイ。
DSC_0474
DSC_0474
DSC_0473
DSC_0473
大自然のパワースポットから、初めてのラフティング、そして朝ラン&アウトドアヨガと、目一杯アクティブに遊んだあとはのんびりホテル滞在を満喫し、すっかり元気になって東京に戻ってきました。 猛暑の夏こそ、エナジーチャージの旅はいかがでしょうか? THE WESTIN RUSUTSU RESORT ウェスティン ルスツリゾート 住所/北海道虻田郡留寿都村字泉川133 Tel/0136-46-2111 HP/ www.westinrusutsu.com/jp アクセス/新千歳空港から車で90分、空港・札幌から専用バスあり

Editor's Trip

Photos & Text:Saori Asaka

Profile

浅香紗織Saori Asaka エディター。大学卒業後、渡英。ロンドンの大学院を卒業して帰国。出版社でのアシスタントを経て2008年から『Numero TOKYO』に参加。本誌インタビュー連載「きっかけはコレでした」や、美容、ライフスタイル系の記事を担当。ウェブマガジンやファッションアプリ、カタログの美容コンテンツなども手がける。趣味はうつわ、お茶、単身ライブ通い、衝動買い、ホテル遊びetc.(主に一人遊び!?)。ライフスタイル取材を通して理想のライフスタイル模索中。最近のお気に入りは和モノ。

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する