13
Lifestyle Trip

世界遺産のネイチャーアイランド、パラオとは?

グアムと同じミクロネシアにあり、直行便ならわずか4時間30分でアプローチできるパラオ。地球の宝ともいえる世界遺産の美しすぎる海、伝説に彩られたジャングル、日本からいちばん近い水上バンガローなど、魅力たっぷり! 知らないなんて、もったいない!

Text & Photos:Chieko Koseki

まずは、近くにありながら意外と知られていない、まさに灯台下暗しなパラオのショートガイダンスからスタート!

palau#01_1

マッシュルーム型の愛らしい島々が点在する国

東京の南約3200キロ。200以上とも、500以上とも言われる島々からなるパラオ共和国。点在する島々の中で、滞在の拠点となるのは、次の4島。国際空港のあるダベルダオブ島、レストランやショップが集まるコロール島、憧れリゾートのあるアラカベサン島、ダイビングサービスやマリーナがあるマラカル島。これら4島は橋で結ばれ、知らないうちに隣の島にいる、という感覚を覚えるかもしれない。

palau#01_1

この4島から南西へボートで30~60分走った海域に広がるのが、世界遺産「南ラグーンのロックアイランド群」。マッシュルーム型の島々が点在し、水面下には魚類746種、サンゴ385種、サメやマンタなどの海洋ほ乳類が13種も確認されている。

palau#01_2

パラオはミクロネシア特有の透明度の高さと、魚影たっぷりのマリンライフの豊かさから、ダイバーの間ではおなじみの存在だった。それが、ここ数年は直行便なら4時間半の行きやすさと、想像を軽く超える圧倒的な自然美によって、次なるデスティネーションとしてリゾーターの注目も集めている。さらにバベルダオブ島の道路が整備されたことで、海のみならず、遺跡やパワースポットなどの新しい魅力もプラス。ますますパラオから目が離せない。

パラオの自然を縦横無尽に遊び尽くす

パラオを代表する憧れリゾート
PPR!

おみやげやレストラン
パラオ街遊び情報

パラオへ行くなら
デルタ航空の直行便!

Profile

古関千恵子(Chieko Koseki)ビーチ・ライター。リゾートやダイビング、エコなど海にまつわる出来事にフォーカスし。“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”をループすること四半世紀あまり。世界各国のビーチを紹介する「世界のビーチガイド」で日々ニュースを発信中。「世界のビーチガイド」 www.world-beach-guide.com

Recomended Post