10
Lifestyle Trip

古関千恵子がナビゲート
ソノマの個性派ワイナリーめぐり

ガストロノミー、アート、歴史的なホテルめぐり、カリフォルニアのライフスタイル、興味のままに優雅な時間を味わうサンフランシスコ周辺の旅。フライトも新登場のラグジュアリーなユナイテッド航空の新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」を利用して、移動からエレガントに楽しみ尽くそう。

Text & Photos:Chieko Koseki

sf_仮_3
sf_仮_3

ワインカントリー、ソノマで個性派ワイナリーめぐり

雄大なぶどう畑が広がるワインカントリー「ソノマ・カウンティ(Sonoma County)」は、サンフランシスコから北へ車で約45分。西の太平洋から涼やかな海風が届き、東にはマヤカマス山脈が控える、海と山に挟まれた谷は、ぶどうがゆっくりと熟す、栽培に適した地。6万エーカーものブドウ畑と、425を超えるワイナリーを数え、まさにナパ・ヴァレーと並び“カリフォルニア・ワインの故郷”だ。

sf#02_1-1
sf#02_1-1

丁寧なぶどう作りから生まれる洗練されたワイン

そして数あるワイナリーの中から今回訪れたのが、個性が光るこちらの2軒。まずはソノマをやや北上したセバストポールにある「フリーマン・ヴィンヤード&ワイナリー(Freeman Vineyard & Winery)」へ。ケン&アキコ・フリーマンご夫妻のワイナリー訪問は、まるで友人宅に招かれるような、くつろいだもの。高台からぶどう畑を見渡すご自宅でのランチからスタートする。

sf#02_1-2
sf#02_1-2

sf#02_1-3
sf#02_1-3

美味しいワインをいただくにつれて話は進み、ワイナリー誕生にまつわる話題に。もともと趣味として毎週のようにワインナリーをめぐっていたけれど、やがてご主人が「ワインを作ってみたい」と提案。2001年にこの土地を購入し、大学時代の同窓生であり、当時Freemanのヘッドワインメーカーであったピノ・ノワール作りの名手エド・カーツマンから指導を受けて、翌年500ケースのワインを作ってみた。その後も畑を増やし、セラーを作り、趣味の延長のつもりだったのが、2010年にカーツマン氏からワイナリーを引き継ぎ、本格的にワインメーカーとしてスタートすることに。

sf#02_1-4
sf#02_1-4

「本当に上質なぶどうを作り、素直な味を出す」ことを心がけているフリーマンのワインは、エレガントかつ洗練されたピノ・ノワールやシャルドネが特徴だ。1本ずつワインの特徴や物語を聞きながら味わうと、美味しさもひとしおだ。

Freeman Vineyard & Winery
住所/1300 Montgomery Road, Sebastopol, CA 95472
TEL/+1-707-823-6937
www.freemanwinery.com

カリフォルニア最古のワイナリーへ

いいね!

Profile

古関千恵子(Chieko Koseki)ビーチ・ライター。リゾートやダイビング、エコなど海にまつわる出来事にフォーカスし。“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”をループすること四半世紀あまり。世界各国のビーチを紹介する「世界のビーチガイド」で日々ニュースを発信中。「世界のビーチガイド」 www.world-beach-guide.com

Recommended Post