POST COVID-19 ARTS FUND @藝術大学美術館 | Saeborg
Saeborg

POST COVID-19 ARTS FUND @藝術大学美術館

162642553_2866042320337646_168153714945608161_n

 

ポストコロナアーツ基金によるプロジェクトの展示に参加予定です。民間有志のPCAF実行委員会と、東京藝術大学との共同事業。会期は6月8日~27日に東京藝術大学美術館で開催するのでお楽しみに!
参加アーティスト| 青柳菜摘、雨宮庸介、池田剛介、遠藤麻衣、大和田俊、小泉明郞、SIDE CORE、サエボーグ、竹内公太、Chim↑Pom、中村裕太、西村雄輔、長谷川愛、布施琳太郎、毛利悠子、百瀬文、柳瀬安里
会期:2021年6月8日~27日(日
会場:東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3・4
住所:東京都台東区上野公園12-8
開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:6月21日
料金:無料
We will participate in the exhibition of the project by Post Corona Arts Fund.
The project is a collaboration between the PCAF Executive Committee, a group of private sector volunteers, and the Tokyo University of the Arts.
The exhibit will be held in June at THE UNIVERSITY ART MUSEUM,TOKYO UNIVERSITY OF THE ARTS, so stay tuned!
161960381_2866042400337638_4790416543679407464_n

Profile

saeborg

サエボーグ(saeborg)はラテックス製の着ぐるみ(スーツ)を自作し、自ら装着するパフォーマンスを展開するアーティストです。これまでの全作品は、東京のフェティッシュパーティー「Department-H」で初演された後、国内外の国際展や美術館で発表されている。2014年に岡本太郎現代芸術賞にて岡本敏子賞を受賞。主な展覧会に『六本⽊アートナイト2016』(A/Dgallery、東京、2016)、『TAG: Proposals on Queer Play and the Ways Forward』(ICA/ペンシルバニア大学、アメリカ、2018) 、『第6回アテネ・ビエンナーレ』(Banakeios Library、ギリシャ、2018)、『DARK MOFO』(Avalon Theatre/MONA 、オーストラリア、2019)、 『あいちトリエンナーレ』(愛知芸術劇場、名古屋、2019)、 『Slaughterhouse17』(Match Gallery/MGML、 スロベニア、2019 )など。

Backnumber

Recommended Post