映画『シュヴァルの理想宮』12月13日(金)より公開 | Saeborg
Saeborg

映画『シュヴァルの理想宮』12月13日(金)より公開

 

EKdlU7HWwAccL9w

 

映画『シュヴァルの理想宮』が12月13日(金)より公開します!

サエボーグもコメントを寄せました。

『エトワール』などドキュメンタリー映画でも知られるニルス・タヴェルニエ監督の最新作です。

EJozFceUUAE3aaF

シュヴァルの作品を初めて知ったのは確か高校生の時に東野芳明氏の本で。

その邪神の宮殿のような摩訶不思議な造形にも目を奪われましたが、彼が建築知識なしで一人で33年間もかけてこのDIY宮殿を作り上げたという執念が、孤独で美しいと思いました(1912年に完成、フランス)。

本人はファラオの墓みたいに地下を墓所にしようとしてたところ、教会や村人の反対で断念。そのかわりに8年かけて自分の墓所となるところをミニチュア理想宮として作り上げたそうです。

EKdlU3XWsAAOkWs

今回の映画で初めて彼のバックボーンを知りましたが(映画なので脚色されてる部分はあると思いますが)、この映画でシュヴァルはずっと作ってるだけなんですよね。人生の様々な出来事も映してるけど、そこまでドラマチックな感傷的な撮り方ではなくて。なのに凄く感動して最後のシーンで感極まって泣いてしまいました。

それはやっぱり、生きることと作ることを限りなく一致させ、その人生を全うすることの凄さに打たれたからだと思います。

この映画がフランスですでに公開されたこともあり、只今、シュヴァルの宮殿は来訪者で溢れかえってる状況らしいです。いつか現地に訪れたい!!

 

cheval-movie.com

Profile


saeborg

サエボーグ(saeborg)はラテックス製の着ぐるみ(スーツ)を自作し、自ら装着するパフォーマンスを展開するアーティストです。主な展覧会に岡本太郎現代芸術賞作家特別展示「HISSS」(岡本太郎記念館、東京、2015)、「Slaughterhouse-13」(Joshibi galleria nike、東京、2015)、「のけものアニマルーきみといきる。」(はじまりの美術館、福島、2015)、日本財団アールブリュット合同企画展「TURN/陸から海へ」(鞆の津ミュージアム、広島、2015)、「第17回岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館、神奈川、2014)にて岡本敏子賞受賞。

Backnumber

Recommended Post