競泳メダリスト 松田丈志のセクシーな肉体。 | Numero TOKYO editor
BlogNumero TOKYO editor
競泳メダリスト 松田丈志のセクシーな肉体。

10月27日発売のNumero TOKYOで、競泳メダリストの松田丈志選手が登場してくださりました。

写真は篠山紀信さんが撮ってくださり、「セクシーでしょ♡」と先生が撮影中にずっとおっしゃっていたように、

かな〜りセクシーに引き締まった美しい肉体美を表現してくださっております。

撮影には水も使用して、篠山さんが「水をかけて〜!」と、バケツの水を頭からザブンとかぶったとき、

松田選手がまさに「水を得た魚」みたいに、なんだかとても嬉しそうにしていたので、

「やっぱり”水”なんだね〜」とスタッフみんなで大爆笑したりの、本当に楽しい撮影でした。

 

☟一カットだけみなさまにお見せします♡

 

今年の夏、私は個人的に本当になんだか忙しい毎日を送っており、それでもやはり、

オリンピックだけはどうしても見たくて、毎晩、睡眠を削ってTVに釘付け。

たくさんの感動や熱くなってしまう気持ちに駆り立てられた瞬間が、

本当にいっぱいありましたが、なかでも、競泳男子チームの「戦後初の最多メダル獲得」が決定した時が、

私にとって、一番の心に残ったシーンでした。

 

世界と闘って「戦後初の最多メダル」って、本当にスゴイことです。

アスリートとしての肉体力はもちろん、精神力だって相当鍛えられていないと絶対に無理。

肉体と精神が統合され、日本のオリンピック史までも塗り替える…という結果は、

その裏に相当の努力や自分との闘いがあったはず。。

 

インタビューの中で松田選手が語ってくださった言葉で印象に残っているのが、

「メダルを取る星の元に生まれてきたとか、そんな人はいないと思います」という一言。

とにかく「自分と向き合う」ことが全てで、自分をこれでもかと知った上で、人と向き合ったり、

いろんな知識を吸収してみたり…、その繰り返しと話してくださりました。

 

松田選手とお話していて、本当にすごいなと思ったのは、彼の覚悟。

アスリートにとっては結果がすべてとなっているので、それをすべて受け入れるという覚悟ができている。

なんとなく経営者なんかのビジネスパーソンとも、物の考え方が似ていて、

甘えない、腹を括る、自分を変えて仲間を巻き込む…そんな感覚を持っているからこそ、

歴史を塗り替えるような偉業を成し遂げているんだな、と考えさせられました。

 

時代を切り拓くパワーも感じ取れると思いますので、

ぜひ、みなさまもご覧いただけると嬉しいです!

Profile

Numero TOKYO editor

editorial staff
TOKYO
fashion, beauty, colture…and more

日々のことから、ファッション・ビューティ・カルチャーに関わるニュース、さらには撮影裏話まで公開。Numero TOKYO編集部のスタッフが最新情報をお届け。

Back Number

#62 今月のカバー・ガール:Toni Garrn(トニ・ガーン)

2012.10.24

長澤まさみさん取材

2012.10.24

Tim Walkerの写真集「Tim Walker : Story Teller」

2012.10.22

秘密の強い味方、教えちゃいます

2012.10.19

editor profile

田中杏子
editor in chief

田中杏子

編集長。ミラノで雑誌や広告などに携わった後、帰国後はフリーランスのスタイリストとして活動。スタイリストやファッションエディターとして活躍後、2005年11月『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)も好評発売中。

軍地彩弓
editorial director

軍地彩弓

エディトリアル・ディレクター。大学在学中よりフリーペーパーや雑誌の製作に携わり、卒業後ファッションライター、ファッションディレクターとして女性雑誌の編集や立ち上げに尽力。2014年7月より『Numero TOKYO』に参加。自身の会社(株)gumi-gumi の代表取締役。

水戸美千恵
deputy editor in chief

水戸美千恵

ファッションからライフスタイルまで幅広くカバー。特に旅、食には一家言アリ。好きな場所は、アイット・ベン・ハドゥ、アッシジ、マテーラ。雑誌から新書まで乱読派。

佐々木真純
fashion features director

佐々木真純

ファッションからカルチャーまで担当。得意分野はカラオケ。池乃めだか師匠と同じ7月3日生まれ。昨冬、デビューした山登りにはまってます。

山崎尚子
beauty director

山崎尚子

ビューティ・ディレクター。20代最後の2年間ロンドンへ留学し、グラフィックデザインと写真を学ぶ。帰国後、Numero TOKYO創刊メンバーに。美しい=健康であるを自覚し、ヘルス&ウェルネスを探求中。

齋藤真紀
photo director / editor

齋藤真紀

海外撮影のブッキングに奮闘する毎日。写真を見ることも撮ることも大好きなので、いい写真を見るとテンションがあがります。ヨガ歴1年。最近ジョギングとワークアウトもはじめました♪

深沢慶太
contributing editor

深沢慶太

アートやデザインなどの最先端カルチャー情報から、クリエイター、研究者、特殊業界関係への突撃取材まで、うんちく〜ネタ系記事を全力でボークし続ける自称・スキ間系男子。

汐見優佳
contributing editor

汐見優佳

NYより帰国後、Numeroに参加。ライフスタイルを中心に、ハイエンドのものからキレ感があるもの、おいしいものなど日々物色&実践中。シャンパンと犬が暮らしのエナジー。

岸本佳子
fahion editor

岸本佳子

ファッション・エディター。ロンドン留学でファッションを学び、帰国後Numeroに参加。ハイ&ローのMIXスタイリングを得意とし、フリーランスのスタイリストとしても活動する。

伊藤さや香

カルチャー、ライフスタイルを主に担当。特にハリウッド系から単館系まで映画には目が無し。カラックス、ジャームッシュ、ソダーバーグ、ファティ・アキンあたりが好物。嬉し恥ずかしママ・エディター。

福井優子
editor

福井優子

猫、広島カープ、おいしいお酒と食べ物Love。趣味はご当地キューピーストラップの収集。特技は目を開けたまま寝ること。

浅香沙織

editor

浅香紗織

ビューティからカルチャーまで、何でもアリの特集ページを主に担当。 ロンドンでメディア&カルチュラルスタディーズを学び、ヌメロで育つ。鍼と爆音とソイラテを支えに、リサーチや取材に奔走する日々。

清原愛花
fashion editor

清原愛花

ファッション・エディター。美しいもの、キラキラしたもの、歴史あるものが好きです。さまざまな分野の昭和を後世に伝えていくのが私の使命だと勝手に思っております。

伊藤有希子
web editor / editor

新村有希子

ウェブもいじれる編集者。ライフスタイル系記事を中心に、Numero.jpを日々更新中。アイドルと少女漫画が大好き。Twitter、Instagramの公式アカウント(@numerotokyo)もよろしくお願いします。

高倉由紀乃

主にファッション担当。スイーツに目がない万年ダイエッター。ジム通いを習慣にすべく悪戦苦闘中。趣味は、野外フェスや旅行など。”この目で見たい!”の欲に忠実な行動派。

大井文香
junior editor

大井文香

愛犬家♡ ヌメロ唯一のノームコア派。ファッションからカルチャーまで、幅広くアンテナを張り日々勉強中!!

漆原望
assistant editor

漆原望

先輩ファッション・エディターから技を盗むべく日々勉強中。ジュエリーとスカーフをうまく使いこなせる女性が憧れ。生涯の課題、ヘルシーな小麦肌を、今年こそは!

鄭季和
editor

鄭季和

ガジェットいじりも得意な、ウェブ担当の末っ子アシスタント。Numero.jpにて日々のニュースを更新中。“美しい・楽しい・美味しい”モノが大好物♡

Recommended Post