安達祐実の芸能生活40周年を記念したアート展が開催。千原徹也や磯部昭子など、豪華クリエイターが参加
Culture / News

安達祐実の芸能生活40周年を記念したアート展が開催。千原徹也や磯部昭子など、豪華クリエイターが参加

俳優・安達祐実の芸能生活40周年を記念したアート展「YUMI ADACHI 40/42」が、10月28日(土)、29日(日)の2日間、渋谷のelephant STUDIOにて開催される。

今年で芸能生活40周年を迎える安達祐実は、幼少期から現在に至るまで俳優として第一線で活躍するだけでなく、近年はファッションブランドやコスメブランドのプロデュースを手掛けるなど、俳優業以外にも活躍の場を広げている。


本展は、アートディレクター/映画監督の千原徹也がプロデュースを担当し、安達と親交の深いクリエーターと共にコラボレーションした作品を展観。千原以外に、アートディレクターのえぐちりか、小杉幸一、misato、フォトグラファーの磯部昭子という雑誌やアドバタイジングの世界で活躍する5名のクリエイターが参加する。自身の初映画監督作品『最終日』でも安達を主演に起用した千原徹也をはじめ、信頼のおけるクリエイターとのコラボレーションワークによって、安達祐実の多面的な魅力を引き出した作品は一見の価値あり。

また、本展の開催を記念したアートブック「YUMI ADACHI 40/42」も100部限定で販売。同ブックは展示会場に加え、代官山蔦屋書店、六本木文喫、れもんらいふのオンラインストアで10月27日(金)から販売開始される。

ドーリーなルックスと実年齢とのギャップから、たびたびSNS等でその若さがクローズアップされることも多い安達祐実。ただ、お茶の間の人気者であった幼少期から現在に至るまで着実に積み重ねてきた俳優としてのキャリアや年齢を重ねるにつれ増していく魅力は、子役出身俳優のロールモデルとも言えるだろう。一方で、本展をきっかけに画面越しではなかなか知ることができない素顔の一面や、魅力的なパーソナリティに触れられる貴重な機会となりそうだ。本展に寄せられた安達本人のステートメントを読みつつ、開催を心待ちにしてみてはいかがだろう。

安達祐実コメント
この度、芸能生活40周年を迎えまして、記念に何か作れないかと千原徹也さんに相談したところ、素晴らしいクリエイターの方々が集まってくださり、面白い作品を作ることが出来ました!私としては、40年もやって来て感慨深いかと言われると、実はそうでもなくて。笑
楽しくやっていたらいつの間にか40年経っていた…という感じです。そしてこれからも楽しくやっていくのだと思いますので、しばしお付き合いをいただければと思います。

安達祐実:芸能生活40周年記念アート展
「YUMI ADACHI 40/42」
日時/2023年10月28日(土)、29日(日)11時〜19時まで
場所/elephant STUDIO
住所/東京都渋谷区渋谷2-7-4

記念アートブック:
「YUMI ADACHI 40/42」
発売日/10月27日
体裁/B4サイズ、56ページ、¥2200
販売店舗/展覧会会場、WEB(れもんらいふショップ)、代官山蔦屋書店、六本木文喫
※1,000部限定

れもんらいふ
TEL/03-6418-9301

 

Text: Tetsuya Sato

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する