Art / Post

「パビリオン・トウキョウ2021」 の“裏側”を公開 @ワタリウム

「パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館」会場風景 撮影:後藤秀二
「パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館」会場風景 撮影:後藤秀二

建築家やアーティストらのパビリオンを展示する「パビリオン・トウキョウ2021」の関連イベントとして、展覧会が開催中。東京・外苑前のワタリウム美術館にて、2021年9月5日(日)まで。

新国立競技場を中心に、東京都内各所で展開中のイベント「パビリオン・トウキョウ2021」(※1)。日本を代表する建築家やアーティストらによる「未来への願い」が込められた建物やオブジェによって、自由で新しい都市のランドスケープを提案する試みだ。

(※1)参考記事:Numero.jp「 都内各所に“建物”が出現!? 「パビリオン・トウキョウ2021」 」

その関連イベントとして開催されている展覧会「パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館」では、参加クリエイターのうち7名(会田誠、藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平)が手がけたパビリオン制作の裏側を公開。パビリオンのコンセプトについてそれぞれが語る映像のほか、クリエイターらのこれまでの活動や作品について理解を深める特別年表、ドキュメントや映像が展示される。

「パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館」会場風景 撮影:後藤秀二
「パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館」会場風景 撮影:後藤秀二

「パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館」会場風景 撮影:後藤秀二
「パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館」会場風景 撮影:後藤秀二

また、ワタリウム美術館近辺の空き地では、本イベント特別参加の真鍋大度+Rhizomatiksのパビリオン『2020-2021』を展示。2020年春の緊急事態宣言から現在までに収集されたさまざまなデータを使用して、AIが生成し続ける東京の姿を、文字や映像としてディスプレイに表示させる。

各地で展示されているパビリオン巡りへ出かける前やその締めくくりに、本展を楽しんでみてはいかが。

※掲載情報は7月9日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館
会期/2021年6月19日(土)〜9月5日(日)
会場/ワタリウム美術館
住所/東京都渋谷区神宮前3-7-6
料金/一般 ¥1000、高校生以下 無料
時間/10:00〜19:00
休館/月(但し、8月9日は開館)
TEL/03-3402-3001
URL/paviliontokyo.jp/

 

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

149_H1_ec

SEPTEMBER 2021 N°149

2021.7.28発売

Shoes Adore!

靴が好きすぎる

オンライン書店で購入する