Art / Post

都内各所に“建物”が出現!? 「パビリオン・トウキョウ2021」

会田誠 作 『東京城』 © AIDA Makoto 撮影:ToLoLo studio
会田誠 作 『東京城』 © AIDA Makoto 撮影:ToLoLo studio

日本を代表する建築家やアーティストらが手がけた建物やオブジェが東京都内で展示される「パビリオン・トウキョウ2021」が開催中。新国立競技場周辺を中心とした各会場で、2021年9月5日(日) まで。

東京都内9カ所で展開中のイベント「パビリオン・トウキョウ2021」。日本を代表する建築家やアーティストらによる「未来への願い」が込められたパビリオンによって、自由で新しい都市のランドスケープを提案する試みだ。

参加クリエイターは、会田誠、藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平、草間彌生。そして、特別参加枠として真鍋大度+Rhizomatiksの作品も設置されている。

藤本壮介 設計 『Cloud pavilion(雲のパビリオン)』 撮影:木奥恵三
藤本壮介 設計 『Cloud pavilion(雲のパビリオン)』 撮影:木奥恵三

藤森照信 設計 『茶室「五庵」』 撮影:ToLoLo studio
藤森照信 設計 『茶室「五庵」』 撮影:ToLoLo studio

なお、「パビリオン・トウキョウ2021」とは、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される東京を文化の側面から盛り上げるため、芸術文化都市としての魅力を伝える「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の中核をなすプログラム「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」の一つとして開催されるもの。

この夏限定、観るものを未来へといざなう多様なパビリオン。ぜひ、お見逃しなく。

※掲載情報は7月7日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル 13
パビリオン・トウキョウ 2021
会期/2021年7月1日(木)〜9月5日(日)
会場/新国立競技場周辺エリアを中心に東京都内9カ所+特別展示1カ所(ビクタースタジオ、浜離宮恩賜庭園、代々木公園、JR 高輪ゲートウェイ駅、国際連合大学、kudan house、旧こどもの城、明治神宮外苑、渋谷区役所、ワタリウム美術館)
料金/無料(妹島和世の作品は、浜離宮恩賜庭園の入場料が必要)
時間/各パビリオンごとに異なる
問い合わせ/contact@paviliontokyo.jp(パビリオン・トウキョウ2021実行委員会 事務局)
URL/paviliontokyo.jp/

※一部のパビリオンの展覧には、事前予約や展示場所の施設への入場料が必要。各詳細はウェブサイトで確認すること。

Text: Manami Abe

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する