Art / Post

21_21 DESIGN SIGHTで注目の「ルール?展」開催

デザインを通じてさまざまな出来事や物事について考え、新たな視点を提示する21_21 DESIGN SIGHTが、今回は“ルール”という社会の根本的なデザインを考える展示「ルール?展」を開催。会期は、2021年7月2日(金)〜11月28日(日)まで。

佐々木隼 (オインクゲームズ) 『鑑賞のルール』 (参考画像)
佐々木隼 (オインクゲームズ) 『鑑賞のルール』 (参考画像)

本展の展覧会ディレクターには、法律家・水野祐、コグニティブデザイナー・菅俊一、キュレーター・田中みゆきの3名を迎え、“ルール”をテーマにそれぞれの視点を融合した展示を実施。国内外のデザイナーやアーティストの作品をとおして、多様な目的や方法でルールと向き合う人々の視点を紹介する。さらに、一見ルールとは無関係のようにも思われるさまざまな作品や活動を、新たにルールの視点から捉えることも試みている。

展示風景より。 コンタクト・ゴンゾ 「訓練されていない素人のための振付コンセプト 003.1 (コロナ改変 ver. )」 撮影:吉村昌也
展示風景より。 コンタクト・ゴンゾ 「訓練されていない素人のための振付コンセプト 003.1 (コロナ改変 ver. )」 撮影:吉村昌也

ルールと聞くと堅苦しさや、ネガティブなイメージを持つことが多いかもしれないが、実は私たちの社会はルールによって成り立っている。その視点から、デザインをとおして新しいルールの見方や作り方、使い方を共に考え、ルールとポジティブに向き合う力を養う展覧会を目指している。

例えば、来場者同士で意見を交換してルールを作ったり、投票したことが展示に反映されたり、会場内にあるものの配置を自由に動かしたりして本展に参加することができる。こうして社会を構成するルール作りを体験し、ルールのイメージを更新するための手がかりを提供する。

展示風景より。 ダニエル・ヴェッツェル(リミニ・プロトコル) 田中みゆき 小林恵吾(NoRA)× 植村遥 萩原俊矢 × N sketch Inc.「あなたでなければ、誰が?」 撮影:吉村昌也
展示風景より。 ダニエル・ヴェッツェル(リミニ・プロトコル) 田中みゆき 小林恵吾(NoRA)× 植村遥 萩原俊矢 × N sketch Inc.「あなたでなければ、誰が?」 撮影:吉村昌也

また、7月8日(木)20:00〜22:00には、展覧会ディレクターチーム3名によるオープニングトークをZoomにて配信。詳しくは公式サイトをチェック。

一人ひとりが未来を形作る一員として、ルールとポジティブに向き合い、その視点を変えるおもしろさ、自分で作る自由さなどを感じ、考えることのできる展覧会。ルールとの新しい付き合い方をぜひ、体験してみよう!

※掲載情報は7月7日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

「ルール?展」
会期/2021年7月2日(金)〜11月28日(日)
会場/21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2
住所/東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
開館時間/平日11:00〜17:00、土日祝11:00〜18:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日/火
※11月23日は開館
料金/一般 ¥1,200、大学生 ¥800、高校生 ¥500、中学生以下無料
URL/http://www.2121designsight.jp/program/rule/

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

149_H1_ec

SEPTEMBER 2021 N°149

2021.7.28発売

Shoes Adore!

靴が好きすぎる

オンライン書店で購入する