People / Post

ケイト・ウィンスレット、『コンテイジョン』の経験が新型コロナ対策に役立った!?

©Bang Media InternationalPhoto: bangshowbiz
©Bang Media InternationalPhoto: bangshowbiz

ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)は、スリラー映画『コンテイジョン』での経験が新型コロナウイルス感染に対する準備に役立ったと感じているそうだ。

2011年作の同映画でアメリカ疾病予防管理センターで致命的ウイルスの蔓延を阻止するために奮闘する疫学者のエリン・ミアーズ医師を演じたケイトは、当時の経験を活かし、新型コロナ感染拡大の初期段階からすでにマスク着用や周囲の消毒を実行していたという。

自身が表紙を飾ったハリウッド・リポーター誌のインタビューで、ケイトはこう回想してる。「何週間もマスクをして、食料品店へ買い物行ったり、手袋をした手でそこら中をイソプロピルアルコール消毒液で拭き回ってるのを見て私をクレイジーだと思ったでしょうね」「でも、突如3月13日に国家非常事態宣言が発表され、人々は『え!?どこでそのマスクを手に入れられるんだ?』と騒ぎになった」

一方、ケイトの身近で2人の知り合いが新型コロナウイルスの感染が判明、現在は回復したものの、1人は今でも「調子が非常に良くない」症状に悩まされてるという。「1人はロサンゼルスで回復期血漿輸血のトライアル試験を受けられることになって、とても幸運だった。そして、治療後72時間程度で素晴らしい効果があった」「ロンドンに住むアクセントコーチも感染し、11週間入院して、退院後にあらゆる肺の検査、血液検査、血圧検査をしてきて全てクリアしたはずにもかかわらず、息切れがあり無気力で、まだ体調が全く優れないの」

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

Decmber 2020 N°142

2020.10.28発売

Pleasure

私の密かな喜び

オンライン書店で購入する