People / Post

ミランダ・カー、元夫オーランド・ブルームとケイティ・ペリーの赤ちゃん誕生に歓喜

©Bang Media International
©Bang Media International

ミランダ・カー(Miranda Kerr)は、元夫オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)と婚約者ケイティ・ペリー(Katy Perry)のもとに赤ちゃんが誕生したことをとても喜んでいるようだ。

8月27日(木)、オーランドとケイティは2人の間で第1子となる女の赤ちゃんが生まれたことを発表し、オーランドとの間に9歳になる息子フリン君がいるミランダは、インスタグラムでのケイティの女児誕生報告に「本当に良かった。会うのが待ちきれない」とコメントを残していた。

一方、ケイティとオーランドは、娘デイジー・ダヴ・ブルームちゃんの誕生を親善大使を務めるユニセフを通した声明で発表、こう綴っていた。

「私達は娘が無事で健康に誕生し、愛と感嘆の夢心地の中にいます」「でも、私達は恵まれており、全ての人が私達のような穏やかな出産経験を出来るものではないと分かっています」「世界各地のコミュニティでは、医療従事者が不足しており、その殆どが予防できる原因であるにも関わらず11秒ごとに妊婦もしくは新生児が命を落としています」「新型コロナウイルス感染症により、より多くの新生児の命が危険にさらされています。病気を予防するための水や石鹸、ワクチン、薬がさらに不足しているからです。新生児の親として、このことを思うと胸が張り裂けそうになります。苦境に立たされている親の気持ちが、これまでにないほど理解できるからです」

「ユニセフ親善大使として、ユニセフは現地で妊娠中の女性達が訓練を受けた医療従事者、そして質の高い医療へアクセスできるよう最善を尽くしていることを知っています。私達の娘のハートを祝い、(娘の名前のイニシャル)DDBの誕生を祝福する募金ページを設けました」「ユニセフを支援することは、安全な命の始まり、そして全ての子供達にとってより健康な世界を考え直すことの支援となります。あなたの(ハートの絵文字)が、寛大に花咲くことを願います」「感謝を込めて。ケイティとオーランド」

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

#141_h1ec

November 2020 N°141

2020.9.28発売

Raise Your Spirits

クリエイターがいま思うこと

オンライン書店で購入する