Art / Post

明治神宮の杜 × アートの共演 野外彫刻展がいよいよ開幕

東京・原宿の明治神宮にて、初めての野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」が開催される。会期は、2020年3月20日(金・祝)〜12月13日(日)まで。

名和晃平 『White Deer (Meiji Jingu)』 (2020年) photo : 木奥惠三
名和晃平 『White Deer (Meiji Jingu)』 (2020年) photo : 木奥惠三

本展は、今年のオリンピック・パラリンピックにあわせて展開されている「日本博」の公式イベントであるとともに、明治神宮の創建100年を記念して開催される「神宮の杜 芸術祝祭」のオープニングイベントの一つ。タイトルにある「天空海闊(てんくうかいかつ)」とは、果てしなく続く空、快晴の空へ向かって、大らかに広がることを意味する。

日本を代表する神社仏閣として知られる明治神宮には、自然あふれる70万平方メートルの内苑と外苑があり、緑豊かな都会の安らぎの場として親しまれている。100年前につくられたこの神宮の杜(もり)は、当時の森林学や造園学、都市工学など最先端の科学を取り入れながら、日本全国から集まった若者たちによる奉仕活動でつくられたという歴史がある。今回の展示はこの明治神宮を会場に、持続可能な次の100年に向けて、自然と都市、そして芸術のあり方を世界へ発信する企画だ。

三沢厚彦 『Animal 2012-01B』 (2012/2019年) photo : 木奥惠三
三沢厚彦 『Animal 2012-01B』 (2012/2019年) photo : 木奥惠三

展示される現代アートの野外彫刻作品は、名和晃平、船井美佐、三沢厚彦、松山智一(※1)の4人のアーティストが明治神宮の歴史や文化をひもとき、それぞれに尊敬や畏怖の念を持って制作したもの。森閑たる自然の中に佇む作品たちは周囲の木々と対峙し、呼応する。

(※1)参考記事:Numero.jp「ニューヨークが認めた異才、松山智一が語るアーティストの使命」

松山智一 『Wheels of Fortune』 (2020年) photo : 木奥惠三
松山智一 『Wheels of Fortune』 (2020年) photo : 木奥惠三

神宮の杜を舞台に、日本人の自然観を体現したアート作品との出合いを楽しんでみては?

※掲載情報は3月24日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は、「神宮の杜 芸術祝祭」公式サイトをチェックしてください。

神宮の杜 野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」
会期/2020年3月20日(金・祝)~12月13日(日)
会場/明治神宮 内苑各所
住所/東京都渋谷区代々木神園町1-1
開館時間/明治神宮開園時間に準ずる
料金/無料
休館日/会期中無休
URL/jingu-artfest.jp

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

ec

MAY 2020 N°136

2020.3.28発売

Pure at Heart

真っ白から始めよう

オンライン書店で購入する