Art / Post

新伝説!? 岡山×アートの驚愕企画!
『Imagineering OKAYAMA ART PROJECT』

──「Imagineering」とは、「imagination(想像力)」と「engineering(工学)」を組み合わせた造語だという。
岡山といえば、ファッション界隈では世界の高級ブランドから引っ張りだこ状態の高品質デニムをはじめ、高い技術の繊維産地として知られる土地柄。コンテンツ関連でも、直島を中心とする瀬戸内海の島々を世界的な “アートの聖地” として甦らせたベネッセグループの拠点でもある。
近年ではものづくりに関わる人々が次々に移住、ハイクオリティなインディペンデント・マガジンが作られるなど、クリエイティブ界隈で「岡山」の名を耳にする機会が増えつつあることからも、その技術や文化風土に創意や想像力を掛け合わせて、新しい地域文化を世界に発信していこうという気運が伝わってくる。

そうでなくても、“日本一の桃太郎伝説を積極的に発信” → “全国に数多ある桃太郎ゆかりの地のイメージをほぼ独占” → “岡山県=よくわからないが日本一らしい” という国民総サブリミナル状態の効果は絶大。じつは岡山は、 “イメージの工学” と呼ぶべき強力なマインドコントロール力を誇る県だった……!
そう考えれば、今回の展示はさらなる進撃の予兆に過ぎない……のかもしれない。
反則レベルの戦闘力で鬼軍団を蹂躙した桃太郎直伝の “Imagineering” 作戦が、ついにその幕を切って落としたのだから。
(感想文おわり)

これを「ぶちすげえ!」(岡山弁)と言わずして何と言おう。
「伝説の岡山市」(※2)で繰り広げられる、『Imagineering OKAYAMA ART PROJECT』──ここから始まる伝説を、お見逃しなきよう……!

※2 現在展開中の岡山市PR事業のスペシャルサイト

『Imagineering OKAYAMA ART PROJECT』
期間/11月2日(日)〜12月25日(木)
場所/岡山城、後楽館天神校舎跡地、柳川ロータリービルほか岡山市内各所
URL/http://okayama-mirai.jp/imagineering/

Text:Keita Fukasawa

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者/ライター/『Numéro TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numéro TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集・執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集や、編集者9人のインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)など。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する