442
Culture Post

『風立ちぬ』と合わせて見たい! 八谷和彦 個展『OpenSky 3.0』

『風立ちぬ』とセットで見たい! 八谷和彦 個展『OpenSky 3.0』
ジェットエンジンを搭載したOpenSkyプロジェクト最新の機体『M-02J』の展示風景。
 
 こ、これは! もしかして、風の谷のあの人の……!?
 と、思わず3度見したあなた。半分だけ当たりです。
 これは、“個人的に飛行装置を作ってみるプロジェクト”=『OpenSkyプロジェクト』で制作された1人乗りの飛行機。
 でも……カモメのようなシルエットの白い翼、尾翼のない独特の形状、パイロットが胴体上にむき出しで搭乗するなど、その姿は『風の谷のナウシカ』に登場する『メーヴェ』そのものではないか……。
 
『風立ちぬ』とセットで見たい! 八谷和彦 個展『OpenSky 3.0』
強力なゴムの力で滑空飛行する1人乗りグライダー機『M-02』の展示風景。
 
 じつは、このプロジェクトは、メディアアーティストの八谷和彦が『メーヴェ』の機体コンセプトに触発され、実際に空を飛ぶことのできる1人乗り飛行機の製作を試みる、というもの。
 その展覧会が、東京・秋葉原近くの3331 Arts Chiyodaで開催されている。
 以下、展覧会のチラシより。
 
 「欲しい物なんてもうない」。確かにそうかも。テレパシー的なものって携帯電話やLINEで実現しちゃってるし。でも、本当にない?
 「あ〜空、飛びたいな〜」とかたまに思ったりしません?
 2003年に「こんな時代だからこそ、SFコミックのアレ、今こそ開発すべきでは?」と、ついそう思っちゃった人が10年前から作ってる飛行機を2機、3331に持ってきて展示します。もちろん飛びます。「夢だけど夢じゃなかった」的な。(八谷和彦)
 

 
▶ これはアート? それとも技術展or発明展? 本人を直撃!
▶ 次のページへ

Recomended Post