407
Beauty Post

華原朋美「99.9%ムリだと思った復帰」への道のりを激白

華原朋美「99.9%ムリだと思った復帰」への道のり
華原朋美「99.9%ムリだと思った復帰」への道のり

昨年末のFNS歌謡祭出演に続き、復帰第一弾として、約7年ぶりのニューシングル「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」のリリースを発表した華原朋美。自分を見失い続け迷走していた時期を脱し、歌手としての再起を果たした彼女が、2月27日発売の雑誌ヌメロ・トウキョウ4月号の特集に登場する。
 
誌面上で華原朋美は、大人の色気漂う艶やかで美しいフォトストーリーを披露。「過去の栄光にすがって過ごした時間が長かったけれど、いま、ようやく目標を描ける自分が本当に嬉しい」と、復帰までの道のりを語ったロングインタビューも掲載される。
 
インタビューでは、睡眠薬や精神安定剤などに頼り薬物依存で悩んでいた時期についても激白。「(前略)病院に入れられた時は自分の意志ではないので、まだ錯乱状態で『なんでこんなところに私が入らなきゃいけないんだ!』って叫びながら、拘束されて部屋に入れられて…」と、“病名のない病気”と闘っていた頃の自身について振り返る。それでも挫折しなかった理由について、包み隠さず彼女の言葉で話している。
 
禁煙や減量など、復帰のための過酷な試練を乗り越えられたのには、家族の助けがあったからだと彼女は言う。「私が薬物依存で悩んでいた時に必死に支えてくれた兄の優しさだったり、父とフィリピンで暮らした1年1カ月の 期間を思うと、多くの方々が99.9%ムリだと思った復帰をすることで、 家族にも感じさせてしまった傷を癒やせるような気もして。」「確かに過去の 私はボロボロだった。だけど、それで終わりじゃない。その気になれば『人生はいつからだってやり直せる』それを実践していこうって思う。」と、読み手側が勇気づけられるようなコメントも残している。
 
今回の特集ではこのほか、撮影直前の“すっぴん顔”や、プライベートな日常を撮影した“デジカメ日記”も公開。生まれ変わった華原朋美を、あらゆる確度から見る事ができる。
 
度重なるトラブルで世の中を騒がせたのは、もう昔のこと。38歳、いま再び自分の立つべき場所に戻り、「歌を歌うために生まれてきた」という神様がくれた使命へ、真剣に向き合う日々を生きる彼女の姿に、ぜひ注目してみて。
 
※「」内はヌメロ・トウキョウ2013年4月号より抜粋
Photos:Kazutaka Nakamura Makeup:Yuka Washizu Hair:Dai Michishita Styling:Yoshiko Kishimoto Retouch:Jun Hinata
 
▶華原朋美「すっぴん」カットから撮影をスタート!/担当エディターの撮影裏話はこちら!
 
送料無料:Numero TOKYO 2013年4月合併号を購入する

Recomended Post