Culture / Editor's Post

『海からの贈物』で自身の女性像を振り返る

発売中の『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2019年10月号は、「私より、あなたのために」と題し、“新時代のレディ像”をテーマにファッションからカルチャーまでを特集。

その中の「映画で価値観をアップデートしよう」という企画では、いま私たちが知るべきことや考えるべきこととは何か、新しい価値観に触れることができる作品を紹介しています。

このテーマで私が手にしたのは、アン・モロウ・リンドバーグ著の『海からの贈物』。実は、10歳になるかならないかの頃に本屋さんでジャケ買いしたもので、全く内容を覚えておらず……(笑)。大人になったいま読み返すと、彼女の言葉が心にすっと入ってきました。

著者は、大西洋横断飛行の初めての成功者として有名なチャールズ・リンドバーグの夫人で、彼女自身も飛行機を操る女性飛行家のひとり。ただここでは、そういった経歴については一切語られていません。

一人の女性として、彼女自身の人生との対話や他者との関係を、ほら貝、つめた貝、日の出貝、牡蠣、たこぶね……など、海辺に落ちている貝に例えて綴られています。本書で引用されるサン=テグジュペリやリルケらの言葉にも響くものがあります。どの時代でも、どこにいても、女性として、自分自身の起点に戻ることができる、そんな本です。

それぞれが思う自身の“レディ像”に近づけるように…! 本誌の詳しい内容は、ぜひ編集長・田中杏子のエディターズレターをのぞいてみてください。

Profile

鄭季和Kefa Cheong ウェブ・プランナー。大学でメディア・アートを専攻し、音や光を中心としたインタラクティブ作品やプロダクトの制作に没頭。学生時代よりウェブ・アシスタントとして『Numero TOKYO』に参加。アーティストJUJUによるファッション企画「JUJU’s Closet」などコンテンツの編集を経て、プランニングに従事。魅せるコンテンツ作りを目指して。好物は美味しいお酒と肴。@bykefaで時たま趣味のイラスト更新。

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する