People / Interview

山田孝之・松田龍平インタビュー「目の前で藤村が生きてることが、ただ嬉しかった」

竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人が監督を務めた映画『ゾッキ』。大橋裕之のマンガ『ゾッキA』『ゾッキB』を原作に、劇団ペンギンプルペイルパイルズを主宰する倉持裕がシームレスな脚本に仕上げた。この作品が初監督作となった山田孝之と、彼が手がけたパートに出演した松田龍平にインタビュー。20年来となる二人の交流と、現在のお互いの存在について聞いた。

「僕は龍平くんのファンだから、目の前で芝居が見られることに、ただ感激していました」(山田)

──お二人が出会ったきっかけは?

山田「10代前半の頃、僕と母が二人暮らしをしていたんですが、同世代が集まって遊ぶときに、ふと龍平くんがうちに来たんですよ。」

松田「共通の友達がいて、面白い人がいると紹介されたのが山田孝之でした」

──そこから20数年。今回、山田さんの初監督作品で、松田さんに出演オファーをした理由を教えてください。

山田「初めて会ったときから、龍平くんはもう役者の仕事をしていて、初めて会う前から僕はずっと龍平くんのファンなんですよ。どこかのタイミングで一緒に仕事をしたいとずっと思っていたんですが、これまで機会がなくて。今回はそれとは別に、原作を読んだとき、藤村役は絶対に龍平くんがいいと感じたんです」

松田「山田くんにはこれまでも何度か声をかけてもらったんですが、タイミングが合わなくて。役者として、一緒に仕事をしたいとは思っていたんですけど、今回、山田くんの初監督作品ということもあって、またとない機会でしたし参加できて良かったです」

──撮影前に、山田さんは松田さんにどんな指示をされたのでしょうか。

山田「龍平くんがロケ地である愛知県蒲郡市に入るとき、豊橋の駅に僕もスタッフと一緒に迎えに行ったんです。その車中で、藤村という人物は、こういう生き方をしてきたんじゃないかという話をしました。役の背景は、俳優が考えることでもあるんですが、僕が芝居をするとき、全部丸投げされると不安に感じることがあったので、ひとつの案として僕はこう考えているという話をしました。龍平くんは覚えてる?」

松田「なんとなく覚えてるような(笑)。藤村の物語は、あてのない旅に出るところから始まるんですけど。彼にとって、旅に出る理由がどれだけ重要なのか、これまでも散歩みたいな旅に出たりしてたのか、何かの重圧に追い詰められて、解き放たれるためにあてもなく旅に出ることにしたのか。自分でも想像してみたんですけど、山田くんから話を聞いて、納得する部分がありました」

──撮影中はいかがでしたか?

松田「細かい演出はあまりなかったですけど、楽しそうに撮っていましたね。山田くんはずっと笑顔でモニターの前にいて。撮影中は監督の表情が気になるんです。いいのか悪いのか心配になってしまって。山田くんはすごく楽しそうだったから、安心して演じることができました」

山田「純粋に、生きている藤村の映像を撮れることが嬉しかったんです。僕は松田龍平のファンなので、目の前で龍平くんが芝居をしてくれるのも嬉しかったし、藤村として生きてくれているんだと感激してました」

「山田くんのあの笑顔を見ていたら、監督も面白そうだと思ってしまいました」(松田)

──山田監督は、俳優のほか、映画のプロデュースも行っていますが、監督ならではの面白さとは?

山田「監督は楽しいです。もちろん、大変なこともたくさんあるし、向かう方向が正しいかわからないけれど、みんな行くぞと先頭に立ってキャストやスタッフを導かなくてはいけない。スタッフからの提案も、最終的な決定をするのは監督です。不安だし怖さもあるけれど、それが楽しくもあります。プロデューサーは、撮影に入る前に資金を集めたり、現場から上がったものを、どう編集して宣伝するかという、外側を固める作業なので、結果的に嬉しいことはあっても、作りだす楽しさはほぼないんですね」

──では、今後、監督業の方に重点を置くのでしょうか。

山田「それはタイミングだと思います。芝居は好きなので、俳優は続けます。ただ、プロデューサーは僕の勝手な使命感でやっているので、代わってくれる人がいたらその方にお任せします」

──使命感とは、より面白い作品を世に出したいという?

山田「クリエイティブというより、労働環境の改善です。深夜に及ぶ撮影で睡眠時間が削られて、そんな過酷な環境も仲間に愚痴ったところで何も改善されません。収益の分配についても問題意識を感じています。だから、プロデューサーとしてルールを作る側になれば、健全な労働環境の中で、キャストもスタッフも仕事に打ち込むことができ、質の高い映画が作れるのではないかと思ったんです。でも、同じ志をもつ誰かが代わってくれるなら、プロデューサー業はすぐに辞めるつもりです。ただ、役者はこれまで通りやるでしょうし、どれを主な仕事にするか、決める必要はないと思っています」

──松田さんにとって、同世代の山田さんの存在が刺激になりますか。

松田「色々なことに挑戦してますよね。特に、監督をやるのは面白そうだし、羨ましいところもありますけど、自分からスタートを切って、仲間を集めてというのは、すごくパワーの必要なことだから。もし万が一、スタッフが全て揃っていて、たまたま監督が失踪しちゃったから代わってくれみたいなことを言われたら、やってみたいですね(笑)」

──監督業に興味は?

松田「山田くんのあの笑顔を見ていたら、いいなぁと思ってしまいます。そういえば、竹中監督と山田監督のパートが交差するシーンで、監督が2人現場に居た撮影があったんですけど。」

山田「今回はオムニバスではなく、グラデーションで続いていくので、1つのシーンに監督が複数いることもあったんですよ」

松田「そう。あの撮影は面白かったな。福くんには竹中さんが演出をつけて、僕には山田くんで、竹中さんはけっこう細かく演出をしていて、福くんに耳元で何か言ってたりするんです。それで撮影になると、さっきと違うリアクションになったりしてて、こっちが面喰らってしまったり。監督と俳優がボクサーとセコンドみたいな関係性のような気がしちゃって。うちのセコンドはただニヤニヤしているだけだったから(笑)」

山田「その動揺した表情に、龍平くんの良さが出てるんです。僕は大満足でした。きっと竹中さんも、意表を突かれたときの藤村の表情が好きだったんじゃないかな」

松田「それならいいんだけど。向こうは若くて勢いのある福くんがいいパンチを繰り出してくるし、こっちも作戦をくれないかなと思って(笑)」

「アテのない旅をするのは特別なとき。目的地がないと寂しくなってしまいそう」(松田)

──劇中、藤村はあてのない旅をしますが、そんなふうに、目的のない旅をした経験はありますか?

山田「小学生の頃は、通学路が2キロくらいあったんですけど、友達と帰るときにはルートを変えてみたり、休みの日も山の中に入ったらどこに繋がるのか行ってみたり、あえて迷子になるような散歩はよくしていました。上京してからも、ひとつ手前の駅で降りて、なんとなく歩いてみて、こんなところにいい建物があるんだとか、気の向くままに歩いてみたり。だから、この原作を読んだときに、グッときたのかもしれませんね」

松田「いいよね、そういう散策は。でも、ゴールがあって寄り道する分には楽しいけど、何の目的もない場合は、心が特別な状態のときなのかもしれないな。何か見つかるかもしれないという希望と、何もないかもしれないという絶望の狭間にいるような。やっぱり目的地がないと寂しい気持ちになりそう」

山田「いつ終わるかわからないしね」

──藤村の表情の中にも、不安と期待が入り混じるようなものがありました。

松田「藤村は、ギリギリなところがありますよね」

山田「世間から見ると、ギリギリアウト」

松田「もう大半の人がアウトだと思う人物だよ」

──なるほど(笑)。では最後に、この作品の見どころを教えてください。

山田「親子や友達、恋人、誰とでも一緒に気楽に楽しめる作品になっています。僕が担当したところでは、藤村がドリンクを受け取ろうとするカット、その音に注目してください。レジの音、自転車のベルとペダルを漕ぐ音、床屋の回転灯、飛行機や現場の音を録音して、曲を作りました。あのシーンは、独特な音楽が流れています」

松田「山田監督が担当したパートはゆっくりと時間が流れるようなロードムービーで、竹中監督と齊藤監督は、パンチのあるストーリーに仕上げていて、その流れも良かったな。3人の監督は、それぞれ個性があるんですけど、1本の作品として観た時に違和感がなく楽しめたのも驚きました。原作を知っている人も、衝撃を受けるシーンがあると思います。僕にはありました。そこも楽しみにしてください」

『ゾッキ』

りょうこ(吉岡里帆)は東京での結婚生活が破綻し、離婚して実家に戻ってきた。りょうこの祖父(石坂浩二)は石鹸で手を洗うたび、幼少期に誘拐された事件を思い出す。一方、古い木造アパートの部屋を出て、ママチャリの荷台に寝袋を括り付けて旅に出る男、藤村(松田龍平)。彼は隣室の伊藤(鈴木福)に「あてがないというアテを頼りに、とにかく南へ」と言い残して旅に出る。原作者の大橋裕之の地元・愛知県蒲郡市を舞台に、どこか不思議で優しく切ないエピソードが続く。ラストに待ち受けている、奇跡的な出会いとは……。

監督/竹中直人、山田孝之、齊藤工
原作/大橋裕之『ゾッキA』『ゾッキB』
脚本/倉持裕
音楽監督/Chara
出演/吉岡里帆、鈴木福、満島真之介、柳ゆり菜、南沙良、安藤政信、ピエール瀧、森優作、九条ジョー(コウテイ)、木竜麻生、倖田來未、竹原ピストル、潤浩、松井玲奈、渡辺佑太朗、石坂浩二(特別出演)/松田龍平/國村隼

©映画『ゾッキ』製作委員会

衣装(山田孝之):ジャケット¥39,600、シャツ¥37,400、パンツ¥31,900(すべて税込)/Vivienne Westwood MAN(ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション 03-5791-0058)
(松田龍平):ジャケット¥85,800 イージースラックス¥59,400(ともに税込)/UNDERCOVER(アンダーカバー 03-3407-1232)その他スタイリスト私物

 

 

Photos: Takao Iwasawa Hair & Makeup: TOH(ROOSTER)(Takayuki Yamada), MOTOKO SUGA(Ryuhei Matsuda) Styling: KURUMI(ROOSTER)(Takayuki Yamada),TAKAFUMI KAWASAKI (MILD)(Ryuhei Matsuda) Interview & Text: Miho Matsuda Edit: Yukiko Shinto

Profile

山田孝之Takayuki Yamada 1983年10月20日生まれ、鹿児島県出身。1999年俳優デビュー。2004年TBSドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で主演を務め、第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で主演男優賞を受賞。2005年に映画『電車男』で主演を務め、社会現象に。また、映画『デイアンドナイト』(19)ではプロデュース、ドラマ「聖おにいさん」(NHK)では製作総指揮を務めるほかミュージカルの主演などその活動は多岐にわたる。本作では長編映画初監督を務める。主な出演作に、『クローズZERO』シリーズ(07・09)、『凶悪』(13)、『闇金ウシジマくん』シリーズ(12、14、16)、『映画 山田孝之3D』(17)、『50回目のファーストキス』、『ハード・コア』(18)、『ステップ』、『新解釈・三國志』(20)など多数。出演待機作として『はるヲうるひと』(21)、全世界に配信され人気を博した主演ドラマ「全裸監督」(Netflix)続編が控える。
松田龍平Ryuhei Matsuda 1983年5月9日生まれ、東京都出身。1999年映画『御法度』で俳優デビュー。ブルーリボン賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールスポニチグランプリ、日本アカデミー賞をはじめ数々の新人賞に輝く。その後、映画『青い春』(2002)、『劔岳点の記』(09)、『まほろ駅前多田便利軒』シリーズ(11、14)、『北のカナリアたち』(12)、『探偵はBARにいる』シリーズ(11、13、17)などで主演を務める。2013年、『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、第38回報知映画賞主演男優賞など多数受賞。近年の出演作に映画『散歩する侵略者』(17)、『羊の木』(18)、『泣き虫しょったんの奇跡』(18)、『影裏』(20)など多数。そのほか、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)や「カルテット」(17)、「ストレンジャー~上海の芥川龍之介~」(19)などドラマでも活躍。「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)が4月13日よりスタート。

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する