People / Interview

近藤麻理恵×川原卓巳インタビュー。世界一有名な日本人、こんまり夫妻が輝く理由 vol.2

独自の片づけメソッドを執筆した著書が世界42カ国で1,200万部を突破する大ヒット、2019年には自身が出演するNetflixオリジナル番組「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~」がエミー賞にノミネートされ、レッドカーペットを歩いた“KonMari(こんまり)”こと近藤麻理恵。そんな“世界のこんまり”を仕掛けたプロデューサーであり彼女の夫でもある川原卓巳が自身初の書籍を上梓するのだという。出版のため来日した二人が語ってくれた、出会いから現在までのサクセスストーリーを、全三回のシリーズでお届けする。

>>第一回はこちら

Kondo Marie and Takumi Kawahara Interview:
The Husband and Wife Team Behind the KonMari Empire.

Marie Kondo’s books on her organizing method have sold over 12 million copies in 42 countries, and she walked the red carpet at the Emmy as a nominee for the hit Neflix series, Tidying up with Marie Kondo. Takumi Kawahara is the other half of the husband and wife team. He is the producer who made KonMari a household name worldwide and will be publishing his first book. The power couple returned to Japan for the book publication and sat with us for this three-part interview on their journey together, from their first encounter to their current success.

>> English Text

移住するつもりじゃなかった

──結婚後、お二人はなぜアメリカで暮らすことになったんですか?

川原卓巳(以下T)「2010年に彼女の本が出て、14年に出版社からアメリカで本を出さないかという話をいただき、興味を持ってくださるなら出してみようと。ただ、売れるなんて全く思ってなかったんです。アメリカって広いじゃないですか。だから、片づけに困ってるなんて微塵も思ってなかったし、そもそも行ったことすらなかった。『よし、海外進出だ!』なんて野望もなかったし、英語もまったく喋れませんでした。でも実際に出版講演のために訪れたら、本を読んで感動してくれている方がたくさんいらして、感謝されて。実はサンフランシスコやニューヨークは、日本とそれほど変わらない家事情だったり、アパートメントに住んでいらっしゃる方も多かったです」

──そのときは本当に移住するつもりは一切なく?

近藤麻理恵(以下M)「最初はサンフランシスコに出版社さんがあったので、本当にただ出張していただけなんです」

T「移住するとはまったく考えていなかったですね。2015年ぐらいからアメリカを皮切りに40カ国ぐらいで本が翻訳されることになって、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア……一年の半分ぐらい海外を行き来することになったんです。同時にプライベートでは子どもを授かって」

──お子さんは日本で生まれたんですね。

T「そうなんです。お義母さんに子どもを預けながら、あちこち出張へ出かけていく日々でした。合計すると半年も子どもと一緒にいられなかったので、この生活を続けることは本当に自分たちにとって幸せなのかと悩みました。僕ら自身がアメリカに渡って、仕事も子育ても向こうですればもっと家族で一緒にいられるんじゃないか。これをチャンスと捉えてみたらいいんじゃないかと考えて、2016年に移住しました」

──言葉の壁はどうやって乗り越えました?

T「全然勉強せずに渡米の日を迎えてしまって、現地で個人レッスンを受けました。僕にとっては英語で英語を教わるというハードルは高かったのですが、コミュニケーションを取ること自体は好きなので、なんとか仕事ができるぐらいまでに習得できました。彼女にとっては苦行だったと思います」

M「週四回、先生に自宅へ来ていただいて、趣味のこととか何でも喋りたいことをどうぞ言われるんですけど、その場で喋りたいことが特になくて先生を困らせていました(笑)。その調子だとレッスンが終わっちゃうので、作り話じゃないけどなんとなく会話っぽいことを話したりして、疲れて体力を消耗するという……。それを一年半続けた頃に、通訳さんなしの講演の仕事が入ったんです。しかも、Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグが講演するような2,500人規模の大舞台(サウス・バイ・サウスウエスト2017)で。その当時はまだ英語を聞くことはできても喋れなかったので、全部台本を書いて、1時間ぶんの台本を一字一句丸暗記して臨みました」

T「振り返れば無茶ぶりが過ぎることはわかりますし、二人の関係も良い状態ではなかったですね。彼女は四六時中講演のための原稿を読んで、音声を聞いて、ブツブツ喋っているから、会話もなく、僕は罪悪感に苛まれて」

M「産後で体がボロボロだったんですよ。年子で下の子が生まれたばかりで、そもそも講演自体も得意でも好きでもないのに、決まってるからやるしかない。台詞を忘れたらステージで何も喋れなくなっちゃうので、必死で覚えるしかなくて」

T「やる以上は恥ずかしいものを見せたくないという強いこだわりを見せたうえに、会場の笑いまで取ってるんですよ。でも、怖くてもうその後二度と同じことはさせられないと思いました」

公私にわたるパートナーとの二人三脚な日々

──麻理恵さんは本番に強いタイプ?

M「強いですね。本番は打ちます」

T「満塁ホームランを打つタイプです。本番に向けて、全てを集中させることができるけど、打たないときはバッターボックスにすら立たない。『なんで立つの?』って聞かれちゃうので、マネージャーとしてはめちゃくちゃ大変です。『試合です! ボール来てますっ!』と急かしても彼女は優雅にティーを飲んでいたりします(笑)。それでも『やってくれる』と信じて待つんですけど、講演1分前までその状態だとさすがに焦ります。『今日はもう駄目かもしれない。代わりにカツラをかぶって出るか……』と覚悟した局面も過去にはありました(笑)」

──でもさすがに卓巳さんが麻理恵さんに扮したご経験はないと(笑)。アメリカではハロウィンの“こんまりコスチューム”も人気ですよね。そのぐらい誰もが知るスターになられて。

T「そうですね。ありがたいことに2015年にタイム誌の『世界で影響力のある100人』に選んでいただいて、2016年に移住して、2017年にその大舞台が決まって、週に400件以上ものオファーが届いていました。僕は会社も経営してるから結果を出すことに精一杯で、彼女の調子が悪くなっていたりとか、ストレスを抱えているのはわかっていながら、見て見ぬふりをしていたところもありました」

──卓巳さんが選んだ仕事に対して、麻理恵さんは「やりたくない」とは言わない?

M「しょっちゅう言ってましたね」

T「基本的には全部『ノー』ですよ。仕事を受けるか受けないか相談するタイミングすら超重要なので、何とかして『イエス』と言ってもらうために綿密に準備するんです。まずは機嫌がいい状態に整えて、首を縦に振りそうなタイミングで手際よく『シュッ!』とわんこそばのように差し出す(笑)。産後でとにかく疲れていて全部休みたいはずなのに、会社を経営しちゃってるから止まれなかったんですよ。今、振り返っても苦々しい思い出です」

──夫としてではなく、経営者の自分を優先されていた時期だったと。今は変わりました?

T「はい。麻理恵さんとよく話すのは、仕事は単にお金稼ぐことじゃないということです。あなたが生み出した片づけのメソッドが、多くの人々の人生を良くするのだと。その結果、自分もいい人生になると思っているけど、忙しかったり自分がいい状態じゃないとそんなふうに考えられなくなる。僕自身は、いつでもやめてもいいと思ってるんですよ。苦しんでまでやることじゃないと、今は思うようになっていて。公私ともに、立場を超えて人間として信じてもらえてるから、ギリギリ繋がって、これまで乗り越えてきてたっていうのが本音です」

(近藤着用)ドレス¥76,459 タートルネックトップ¥10,281 カフ 参考商品/すべてNanushka(ヒラオインク 03-5771-8809) リング〈ゴールド〉¥45,000 〈ダイヤモンド〉 ¥200,000/ともに Aliita(パラグラフ 03-5734-1247) サイドゴアブーツ¥87,000/MSGM(アオイ) (川原着用)ジャケット¥68,000/Forsomeone(フォーサムワン フラッグシップ ストア 03-5708-5838) パンツ¥42,000/Discovered(ディスカバード 03-3463-3082) シャツ¥32,000/MSGM(アオイ 03-3239-0341)
(近藤着用)ドレス¥76,459 タートルネックトップ¥10,281 カフ 参考商品/すべてNanushka(ヒラオインク 03-5771-8809) リング〈ゴールド〉¥45,000 〈ダイヤモンド〉 ¥200,000/ともに Aliita(パラグラフ 03-5734-1247) サイドゴアブーツ¥87,000/MSGM(アオイ) (川原着用)ジャケット¥68,000/Forsomeone(フォーサムワン フラッグシップ ストア 03-5708-5838) パンツ¥42,000/Discovered(ディスカバード 03-3463-3082) シャツ¥32,000/MSGM(アオイ 03-3239-0341)

──麻理恵さんは夫でありマネージャーである卓巳さんのことをどう思っていますか?

M「もう最高だと思ってますよ。明るく元気でシンプル。あとはやっぱり心が健康だなっていつも思います、まっすぐで。だから、卓巳さんに言われたら、目的がちゃんとしている仕事は頑張ります。世の中に伝えるために、本当にいい方法だと思って提案してくれているというのは、やっぱりわかるので。それが一番ありがたいです」

T「それが伝わっていて嬉しいです」

──アメリカに行ってよかったと思いますか?

T「もう、来なかった人生は考えられないですね」

>>第三回に続く……

『Be Yourself -自分らしく輝いて人生を変える教科書-』
無理して背伸びする必要なんてない。誰でも、いつでも、どこからでも、自分の中に眠る才能を生かしてあなたらしく人生を輝かせることができる。こんまりこと近藤麻理恵を世界でもっとも有名な日本人にしたプロデューサーが、「こんまり®メソッド」の海外展開を手がけてきた経験や、日本のコンテンツを海外に発信してきた知見を活かし、誰もが自身のありのままの魅力を知り、引き出すメソッドを大公開。ときめく人生を送るための必読書。
著者/川原卓巳
本体価格/¥1,600
発行/ダイヤモンド社
発売/2020年12月2日

こんまり夫妻のインタビューをもっと読む

The Unexpected Relocation.

──What motivated your move to the US after you got married?

Takumi Kawahara (T): Marie-san’s first book came out in 2010, and in 2014 there was an offer for the American edition. We were happy to sign but didn’t have high hopes for it. We had never lived abroad and assumed that all American people lived in large homes and had no issues with home organization. We didn’t speak any English and had zero plan of relocating. But during the book signing tour, we met many people who truly appreciated the book and realized that many apartments in cities like New York or San Francisco were not much different in size from the houses in Japan.

──So you initially had no interest in relocating?

Marie Kondo (M) : Initially, we were just going on business trips to see our publisher in San Francisco.

T: Relocation was not in our plan. In 2015, Marie-san’s book came out in 40 countries, starting with the US, followed by UK, France, Germany and Italy and we ended up spending half of the year overseas. At the same time, we were blessed with our first child.

──Your daughter was born in Japan?

T: Yes, and we had to leave her with her grandmother to go on our business trips. We were with our child for less than half of the year and had to think hard if continuing this lifestyle made us happy. We came to the conclusion that living and working in the US would secure us more time to spend as a family and decided to relocate in 2016.

──How did you get over the language barrier?

T: We left Japan without any time to brush up on our English, so we found a tutor after we arrived. Studying with a non-Japanese speaking teacher was a challenge, but I enjoy communicating with people, so it didn’t take too long to learn enough to manage my business. Marie-san on the other hand had a harder time.

M: The tutor would come to our house four times a week, and she would tell me to talk about anything I want to, but the lessons went nowhere because there wasn’t much that I wanted to talk about. Forcing myself to make up stories and carry on conversations was exhausting. After a year and a half of these lessons, I was asked to give a talk without an interpreter. It was for an audience of 2500 (South by Southwest 2017), at an event where people like Mark Zuckerberg were the speakers. My listening comprehension had improved, but my speech level was nowhere near fluent, so I wrote out and memorized the one-hour script verbatim.

T: Looking back, I realize I was asking too much from her, and our relationship wasn’t in a great place either. She had her face buried in the script, listening to the audio script and mumbling the lines to herself. We barely talked, and I was guilt stricken watching her.

M:I was a mess because I had just given birth to my second child, and she came only a year after my first. I’m not good at nor enjoy giving talks, but it was already booked, and I had no choice but to do it. All I could do was memorize word for word, because I had no way out if I went completely blank on stage.

T: She decided that if she’s going to do it, she wanted to be amazing, which she was. She even cracked a few jokes on stage, but it was nerve-wracking, and I swore I would never do this to her again.

Being Professional and Private Partners

──Do you perform well under pressure, Marie-san?

M: I like to think so. I’ll hit if I’m up at bat.

T: She’ll hit a full-base homerun. She can be completely focused when it counts, but if she’s not up for it, she won’t even go up to bat. She’ll just ask, “why would I have to do that?” As her manager, I would have to beg her, “please, you are up next!” and she would be elegantly sipping her tea or something. I trust her to deliver, but it can get scary when she’s still not in the mood a minute before she has to be on stage. There were moments I contemplated getting myself a wig and standing-in as Marie-san.

──Jokes aside, KonMari is now a popular Halloween costume. You’ve really made it if you’ve reached this level of fame.

T: We are grateful that Marie-san was nominated as 2015’s Time magazine, “The 100 Most Influential People”, in 2016 we moved to the US, and in 2017 she was a speaker in South by Southwest and had over 400 offers weekly. There were times when I was overwhelmed and prioritized the business even when I knew she was breaking under stress.

──Were there times Marie-san would say no to jobs Takumi-san brought?

M: I said no all the time.

T: Her default was a no. To get a yes, I had to be very strategic about how and when to present the jobs to her. I would wait for that perfect timing and then slide it in quickly. It was a tough period for us because she was exhausted and deserved a longer maternity leave, but we were at point in our business where we couldn’t stop. It still breaks my heart when I look back at that period.

──You were a manager first, and husband second. Has that changed?

T: Yes. Marie-san and I often talk about how our work is not just about making profit. The organization method she developed has touched many people’s lives, as a result that has made our lives better. However, if we are too busy, or not happy, we wouldn’t be able to appreciate any of it. I’ve come to a point where we could quit this any time, because it’s not worth sacrificing our happiness. We’ve gotten this far together because she trusts me as a partner, both professionally and as her husband.

──Marie-san, what do you think of Takumi-san who is both your husband and your manager?

M: He is absolutely fantastic. He’s got such a positive attitude and he sees things as they are. I’m always impressed with how strong his mental state is and how he can see things clearly. If Takumi-san chose a job with a purpose, I know it’s worth giving it my best effort. I trust him to choose things only in my best interest, and I truly appreciate that.

T: I’m glad to know that we are on the same page.

──Are you glad you moved to the US?

T: I can’t imagine it any other way.

>> To be continued to Part 3.

Be Yourself- A Lesson in Attaining Success in Your Style.
There is no need to try to be more than who you are to attain success. You can always start living a more fulfilling life as your authentic self. The producer who pushed Marie Kondo to a household name across the globe shares his take on how to be yourself and make a difference through his experience in marketing the KonMari Method® and Japanese contents internationally. A must-read guide for a life fulfilled with joy.

Author: Takumi Kawahara
Price: ¥1,600
Publisher: Diamond Publishing
Publish Date: December 2, 2020

Photos:Takao Iwasawa
Styling:Nozomi Urushibara, Leonard Arceo
Hair & Make-up:Kanako Io
Coordination & Interview:Maki Konikson
Edit & Text:Chiho Inoue, Mariko Kimbara
Translation:Naomi Mugita
Special Thanks:The Tokyo Edition Tranomon

Profile

近藤麻理恵Marie Kondo 片づけコンサルタント。著書『人生がときめく片づけの魔法』は世界40カ国以上で翻訳出版され、シリーズ累計1,200万部を超えるベストセラーに。2015年にタイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出、ネットフリックスで自身の冠番組を持ちエミー賞にノミネートされるなど、世界中に片づけブームを巻き起こしている。2020年9月に最新刊『Joy at Work 片づけでときめく働き方を手に入れる』(共著/スコット・ソネンシェイン、訳/古草秀子、発行/河出書房新社)を上梓。
https://konmari.jp/

Organizing Consultant. Her book series The Life-Changing Magic of Tidying have been translated and published in over forty countries and sold 12 million copies total. She has brought on a global tidying phenomenon and was listed as Time magazine’s 2015“The 100 Most Influential People” and nominated for Emmy Awards for her namesake Netflix series. Her latest book, Joy at Work: Organizing Your Professional Life (co-author Scott Sonenshein. Translation Hideko Furukusa. Published by Kawade Shobo Shinsha) came out in September 2020.
川原卓巳Takumi Kawahara KonMari Media, Inc. CEO、プロデューサー。人材コンサルティング会社でキャリアコンサルティングや、企業向けビジネス構築、人材戦略のコンサルティングを行う。2013年から公私ともにパートナーである近藤麻理恵のマネージメントを本格的に始め、「こんまり®メソッド」の世界展開を仕掛ける。16年よりアメリカに移住し、世界規模での“KonMari”ブランドの構築やマーケティングを手がけるほか、ネットフリックス オリジナル TVシリーズ「KonMari~人生がときめく片づけの魔法~」のエグゼクティブプロデューサーも務める。

KonMari Media Inc. CEO and producer. Kawahara began his career as a human resources strategy, business building and career consultant at a human resource agency. He has been Kondo’s partner, both domestic and professionally since 2013 and has taken on her management as well as launch the KonMari Method® worldwide. The couple relocated to the US in 2016, and he now runs the global KonMari brand as well as act as the executive producer for the hit Netflix TV series, Tidying up with Marie Kondo.

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する